しらべぇ

『東京タラレバ娘』女性キャスト4人で一番「役に合っていない」のは…

エンタメ

東京タラレバ娘

(画像はInstagramのスクリーンショット)

『海月姫』などで知られる人気漫画家、東村アキコ原作のドラマ『東京タラレバ娘』が、18日から日本テレビ系で放送開始となる。

しかし、そのキャスティングが原作のキャラに合っていないとして、ファンの間では放送開始前から不安の声が広がっているのが現状だ。

『東京タラレバ娘』のキャストに非難の嵐 「これじゃない」「原作読んだ?」

ドラマ『東京タラレバ娘』は爆死濃厚? 原作ファンが語る3つの懸念点

 

■もっともキャラに合っていないキャスト 1位は大島優子

気になったしらべぇ編集部では、本作品に登場する主要な女性キャスト4人の中で「誰がもっとも原作キャラに合っていないか」をTwitterで調査してみることに。

タラレバ女性キャストグラフ

その結果、不名誉な1位に選ばれたのは鳥居小雪役の大島優子に。その後は鎌田倫子役の吉高由里子、芝田マミ役の石川恋と続く。

4人の中で「もっとも合っている」と判断されたのは榮倉奈々となった。

大島優子が小雪役に合っていないという意見は、しらべぇが取材した多くの原作ファンからすでに得られていたが、注目すべきは22%が票を投じたマミちゃん役の石川恋だろう。

 

■「藤田ニコルでいい」の声も…

芝田マミは、脚本家として活動する主人公・倫子のアシスタントとして登場し、原宿系のファッションや独自の恋愛観で注目を集める。

しかし、仕事の能力はピカイチで、倫子が恋にうつつを抜かしている間に一気に抜いてしまう、アグレッシブさも併せ持っているキャラだ。

そんな彼女の役を、書籍『ビリギャル』の表紙モデルを務めたグラドル・石川恋が演じる……容姿やキャラの違いからか、原作ファンは違和感を覚えたのかも。

この配役に関し、原作ファンの女性Mさん(20代)に話を聞いてみた。

「うーん……もはやどんなキャストがきても驚かないけど、中途半端に話題性のある人を集めてる印象です。言い方は悪いけど、田中圭とか平岡祐太を今さら持ってきてるのに、なんでここにビリギャルなのって感じ。

 

別に、それぞれの俳優が嫌いなわけじゃないんです。むしろ、男女ともに好きな人が多いくらい。ただ、『なんでそうなるの?』って思うだけで……。

 

マミちゃん役は、普通に藤田ニコルとかでいいんじゃないかなと思う。恋ちゃんはどう考えてもそっち系統じゃないし、違和感しかないですね。本当に原作読んだのかなあ?」

 

厳しい前評判が多い本作だが、実際のところどんな出来になるのだろうか? いい意味で裏切ってくれることを願いたい。

・合わせて読みたい⇒大島優子の「女優ブレイク」は絶望的か 関係者が語る致命的な欠陥

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo 
調査期間:2017年1月6
日~2017年1月7日 
対象:Twitterユーザー145名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集