しらべぇ

打ち切りの流れは続く?2017年に終了の可能性がある長寿番組3選

エンタメ

(bx98ct/iStock/Thinkstock)

(bx98ct/iStock/Thinkstock)

2016年は『ライオンのごきげんよう』、『SMAP×SMAP』、『いきなり! 黄金伝説。』など長寿番組の終了が相次いだ。年があけて改めて「終わってしまったんだ…」と寂しさを感じてしまう。

昨年幕を閉じたもののうち、もっとも復活を希望する声が多いのはどの番組なのだろうか?

 

■2016年終了の長寿番組で復活して欲しいものは?

そこでしらべぇ編集部では全国の20代から60代の男女1378名に独自ピックアップした8つの番組のうち、「一番復活して欲しいものはどれか」調査。

sirabee171009choju23

結果、1位に輝いたのは『いきなり! 黄金伝説。』だ。1998年に「ココリコが伝説をつくる」内容で深夜番組としてスタートし、2000年からゴールデンに進出。

多種多様な企画で人々を楽しませた同番組のなかでも1ヶ月1万円節約生活は高い人気があり、その「節約術」がためになると評価されていた。

2位には明石家さんまのトーク番組『さんまのまんま』、3位は解散によって継続が不可能になった『SMAP×SMAP』。さらに『大改造!! 劇的ビフォーアフター』、『チューボーですよ!』と続く。

一方で「どれもあてはまらない」が5割に迫る結果に。それぞれがマンネリや低視聴率、コストカット、出演者解散など大きな理由を抱えるだけに「その役割を終えた」と考えている人が多いようだ。

 

■2017年に終了する可能性がある長寿番組

2017年も長寿番組終了の流れは続くものと思われる。可能性が高いといわれるものは、以下の通り。

①『めちゃ×2イケてるッ!』

フジテレビ系で1996年から放送され、現在20年目に突入している。

低視聴率が続き、ナインティナインなど出演者の高い出演料と見合っていないとの声があり、つねに打ち切りが囁かれている状況。

2017年、ついにXデーを迎える可能性がある。

 

②『とんねるずのみなさんのおかげでした』

1997年に放送が開始されたとんねるずの看板番組。

「おかけです」時代をあわせると約30年程度続いているが、最近は企画のマンネリ化や内容がパワハラやセクハラだとの批判も多く、時代遅れを指摘する声も。

出演料も高額なだけに、終了してもなんらおかしくない状況だ。

 

③『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』

1989年にスタートしたダウンタウンのキャリアを代表する番組。当初はトークと企画の構成で、2人の天才的な話芸が楽しめたが、最近は企画のみに。

そのためマンネリ化が顕著になっており、低視聴率が続く。そのため大晦日の『笑ってはいけないシリーズ』だけでいいのではないかとの声がある。

 

長年人々に愛されてきた番組だけに終了となると寂しいものばかりだが、始まったものはいつか終わるもの。その動向に注目したい。

・合わせて読みたい→18年の長寿番組が…『いきなり! 黄金伝説。』終了に悲しみの声

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日
対象:全国20代~60代の男女1378名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集