電気代半額も夢じゃない?デロンギ『マルチダイナミックヒーター』が超スゴい

テクノロジー

2017/01/15 07:30

PC310017

もうすぐ2月に入り、1年でもっとも寒いシーズンが訪れる。ウインタースポーツ大好きマンは嬉しい時期だが、インドア派にとっては最悪である。

エアコンつけたら暖房費はかかるし、つけないと寒くて死にそうになるし…どうすればええんや…とお嘆きの人に朗報だ!

デロンギ社から借りた『マルチダイナミックヒーター』を使ってみたところ、想像以上にスゴかった!


画像をもっと見る

 

■マルチダイナミックヒーターの何がスゴいか

いったい何がスゴいのか詳しく説明すると、いままでの電気ヒーターはヒーターの近くがアツアツになるのに対し、こちらは部屋全体がじんわりと暖かくなる。

音もしないし、数分でリビングがポカポカになったので暖かくなるスピードも速いと感じた。10~13畳用のヒーターを14畳の部屋で使ったので、これより狭い部屋ならもっと速く暖かくなるだろう。

PC310025

さらにスゲェ! と思ったのが「指定した温度になるとヒーターからほぼ熱を発しなくなる」ということ。エアコンなら設定温度に達しても温風が出続けると思う。

しかし、これは指定温度に達すると保温モードのような状態になってくれるところがヒジョーにGOODだ。忘れたころに子供が近づいても安心である。

PC310028


関連記事:発泡スチロールカッターはドライアイスを切ることができるか

 

■気になる電気代は…

また、使って数日なので電気代は不明だが、デロンギのサイトを見るとECO機能ありの『マルチダイナミックヒーター』は1時間あたりの電気代が12.5円なのに対し、ECO機能無しのオイルヒーターは18.2円。

ECO機能無しのオイルヒーターを使っていた人はフツーに買い替えるだけで暖房費は3分の2ぐらいになりそうだが、マルチダイナミックヒーターにはさらに電気代を節約できそうな機能がある。

それはWi-Fiモデルと連動するiOSアプリ『MD heater』が使用できること。

詳しい機能は動画を見てほしいが、簡単に説明すると電源オンオフが屋外からできたり、電力などを詳しく設定してヒーターを使うスケジュールを組み立てられるのだ。

悲しいことにAndoroidは非対応だが、iPhoneを持っている人なら「やべっ! ヒーターの電源切り忘れた(絶望)」となることは無くなるだろう。

ワンルームの家庭ならコレさえあれば電気代を賢く節約しながら、寒さを感じず冬を過ごせるはずだ。あまりに寒いときはエアコンと同時使用で部屋を暖め、ちょうどよくなったらヒーターで保温。みたいな使いかたもアリである。

とくにオイルヒーターを長年使っている人にはお勧めの1台、気になる人はぜひ家電量販店などでチェックしてみよう。

あわせて読みたい→楽天トラベル最安値!? 『1000円で泊まれるホテル』が超コスパ

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男 取材協力:デロンギ