八乙女光の「壁紙の顔マネ」にツボったファン続出 有岡は「2017年が不安」

エンタメ

2017/01/17 16:05

sirabee20161009inoo1

顔マネと言えば、芸人や俳優などの有名人や、学校の先生などの身近な人物が定番だ。

しかし、Hey!Say!JUMPのメンバーでヒルナンデス(日テレ系)火曜レギュラーの八乙女光(26)が、2017年1月17日(火)放送にて、ブロックの壁紙の顔マネを生放送で披露した。

前々からモノマネには定評のあった八乙女だったが、今回は「壁紙の顔マネ」という独特の着眼点に多くのファンから「かわいい!」「一歩上をいっている」などと話題を集めた。



 

■ファンは爆笑! 一方で困惑する有岡

オープニング明け、共演者とのコメントのやり取りの中で、八乙女光が突然、壁紙の顔マネを披露。
これを見たファンの間では大いに盛り上がったものの、共演していた同じくHey! Say! JUMPのメンバー有岡大貴(25)からは「やめたほうがいい。」とのツッコミが。

このやり取りに関しても、「ツッコミの役割が普段と逆転した!」と一部のファンの間で話題となった。


関連記事:『ヒルナンデス』予想外のトラブルに有岡大貴が驚き 「なんで!?」

 

■エンディングにて有岡が再びコメント

https://twitter.com/DAomuraisu/status/821218812712226816

https://twitter.com/_yh_wn/status/821218709175836672

番組のエンディングにて、有岡が「光くんがレンガのモノマネをし始めて、僕はちょっと2017年が不安です。」とコメント。

それに対し、隣にいた八乙女が再び顔マネを披露するというシーンがあり、ファンもさまざまな思いを投稿している。

SMAPの解散など、大きな転換期を迎えているジャニーズ。八乙女の顔マネ以外にも、きっと様々な不安や期待などを背負っているであろう彼らを、これからも温かく見守っていきたい。

・合わせて読みたい⇒東京中心ロケばかりの「ヒルナンデス!」 地方の視聴者はどう感じている?

(文/しらべぇ編集部・もやこ