クライミング世界1位の技に驚き!朝比奈彩「初めて見た動き」

スポーツ

2017/01/20 08:00

19日、東京・二子玉川ライズでスポーツクライミング体験「au CLIMBING FES」のオープニングイベントが開催された。

イベントは、日本人選手としてクライミング世界選手権初の優勝を果たした楢崎智亜選手がデモンストレーションに登場し、アクロバティックな技で会場を盛りあげた。

sirabee20170121auclimbingfes3
(楢崎智亜選手)

画像をもっと見る

 

■世界選手権と同じ壁に挑戦できる

「au CLIMBING FES」では、小学生以上が参加できる『初級者の壁』から、上級者まで楽しめるコースを用意。

高校生以上が挑戦できる『中級者の壁』をクリアすると、楢崎選手が昨年9月に優勝した「IFSCクライミング世界選手権パリ大会」決勝のコースをそのまま再現した『世界選手権の壁』にチャレンジできる。

sirabee20170121auclimbingfes11
(中央の『世界選手権の壁』は、左右と比べて手がかり(ホールド)の数が少なく、難易度が高いことがわかる)

関連記事:「目隠しスポーツクライミング」どう登る?「声の協力」が重要

 

■朝比奈彩と魔裟斗がチャレンジ

イベントにはモデルの朝比奈彩(23)と元キックボクサーでタレントの魔裟斗(37)も参加。まず、朝比奈が『中級者の壁』にチャレンジ。

何度かクライミングの経験のある朝比奈は「壁が反り返っている」と不安を漏らしつつも、楢崎選手に足の置き場所の指示をもらいながら進んだが、ゴール一歩手前で断念した。

sirabee20170121auclimbingfes12
(『中級者の壁』ゴール一歩手前の朝比奈彩)

次に魔裟斗が挑戦。以前から興味はあったが今回初挑戦とのこと。

元スポーツ選手のプレッシャーを感じながら『中級者の壁』をクリアし『世界選手権の壁』にチャレンジするも「最初からわからない」と嘆いた。

(「世界選手権の壁」1手目に届かず、スタートで記念撮影する)
(『世界選手権の壁』1手目に届かず、スタートした証を記念撮影する魔裟斗)

■世界チャンピオンの登りにどよめく会場

最後に楢崎選手がチャレンジ。「途中まで手だけで行きます!」と宣言して『中級者の壁』に挑戦。

sirabee20170121auclimbingfes1
(『中級者の壁』足を使わずに手だけで登る楢崎選手)

あっという間にゴールに手をかけ、何か技を見せて欲しいとの要望に、体をひっくり返してゴールに足をかけるパフォーマンスを披露。

sirabee20170121auclimbingfes9
(楢崎智亜選手)

続いて「世界選手権の壁」に挑戦。

sirabee20170121auclimbingfes5
(『世界選手権の壁』スタートから飛び出す楢崎選手)

かなり緊張していると話していたが、スタート位置からジャンプして飛び出すと、チョークの付いた3カ所の持ち手(ホールド)に次々と手をかけて体を保持。

sirabee20170121auclimbingfes4
(『世界選手権の壁』に挑戦する楢崎選手)

するすると登り13秒でクリア。会場からどよめきが上がった。

朝比奈は、「人間離れしていましたね。壁をよじ登っていくのに、逆さになったり、飛んでいったりするなんて、初めて見た動きでした」と話し、魔裟斗も「体幹が鍛えられているなと感じた」と語った。


■登れたら子どもに尊敬してもらえそう

クライミングを体験した感想を朝比奈は、「シェイプアップもできるし、美容法としても体の中から筋肉を美しく作れることができるので、これからも続けていきたい」と述べた。

魔裟斗は、「今も週6でトレーニングしているので、クライミングも取り入れると違った筋肉を鍛えられそう。スポーツ自体も面白いし、登れると子どもに尊敬してもらえそうなので、これからがんばりたい」と父親な一面を見せ、会見は終了した。

(魔裟斗、楢崎智亜選手、朝比奈彩)
(魔裟斗、楢崎智亜選手、朝比奈彩)

「au CLIMBING FES」
・開催日時:開催中~1月22日(日) 11:00~19:00
・開催場所:二子玉川ライズ ガレリア
・参加費:無料(事前予約の受付は終了しているが、当日参加の枠あり。シューズのレンタルも無料)

・合わせて読みたい→「目隠しスポーツクライミング」どう登る? 「声の協力」が重要

(取材・文/しらべぇ編集部・京岡栄作