「未成年淫行」報道の狩野英孝が記者会見 「肉体関係」については言葉を濁す

狩野英孝

20日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で、17歳の女子高校生との「未成年淫行疑惑」を報じられたタレント・狩野英孝(34)が、21日午前、都内スタジオで記者会見を行なった。

冒頭、事務所関係者より、「謹慎処分」が伝えられ、狩野本人の口からも謝罪の言葉が述べられた。


 

■「肉体関係」については言葉を濁す

報道陣から、繰り返し「肉体関係」について聞かれた狩野だが、「相手が10代なので直接的なことは言えません」と、肯定も否定もしないコメントを何度も繰り返した。会見では、

「知り合ったときは22歳と言われた。恋愛感情はあったが、このままいけば恋愛に発展しそうな状況だった。その前に10代であることを知り、『友達関係に戻ろう』と合意した」


と説明。恋愛感情が芽生えた後、「野生の勘」で何か嘘があるのではないかと感じた狩野が女子校生に聞いたところ、じつは10代であったことを伝えられたという。


 

■女子校生と家族は今後も「応援」?

今回の報道について、女子校生の両親のもとに謝罪に訪れたと狩野に、女子校生の親も、

「娘が年齢を偽っていて申し訳ない。今後も応援している」


との言葉を伝えたとのこと。

謹慎の期間は未定だが、昨年も女性問題で世間を騒がせただけに、「年齢を知らなかった」という説明が事実だとしても、復帰の道は簡単ではなさそうだ。

・合わせて読みたい→「未成年淫行」報道の狩野英孝に「逮捕」の可能性は? 弁護士に聞いた

(文/しらべぇ編集部・猫山ニャン子

あなたにオススメ