しらべぇ

じゃんけん・くるくる…意味はいろいろ「パー」の世界

コラム

前髪につむじのようなクセがあり、中途半端に伸びてくるとナイキのマークみたいになってくる俳優/ハイパーメディアフリーターの黒田勇樹です。

後頭部のつむじと逆巻なので、絶対にきれいに髪を左右に分けることができません。

このコラムは、子供の頃から芸能の世界で台本や台詞に触れ続け、今なお脚本家やライターとして「言葉」と向かい合っている筆者の視点から、様々な「言葉の成り立ち」について好き勝手に調べる「妄想的」な語源しらべぇです。

 

■「パー」ってなんだ?

「すべてがパーになる」、そんな言い回しを使ったことはありませんか?

sirabee20170126par

この「パー」とはなにを表しているのでしょうか? じゃんけんでいうグーチョキパーのパー? それとも、くるくるぱーのパー?

そもそも、くるくるぱーのパーだったとして、くるくるぱーの「パー」の部分は何を表しているのでしょうか?考えているだけでくるくるぱーになってしまいそうです。

今回はこの「パー」について調べてみました。

 

■じゃんけんの「パー」

まず、じゃんけんのパー。グーがグッと握るから、チョキがチョキチョキと切るからと同じように、パッと手を開くからパーと呼びます。

ほかにも、英語圏ではこの手を「paper」と呼ぶことから変化したという説もあるようです。

すべてが「paper」つまり「紙」になる。全てが白紙に戻る! とてもしっくりくるのですが、これは間違い。

 

■「パーになる」の「パー」

ゴルフ用語のパー(par)と同じ。

パーとはホールごとに設定された基準打数と、その基準通りの打数でホールアウトすることを指し、その更に語源をたどると英語で言う、同等、等価値を指す言葉とのこと。

元に戻る、ゼロになる、と同じような言い回しなので「白紙」でもあながち間違いではないのですが、正しい由来はこちらのようです。

 

■くるくる「パー」

昔、つむじが左巻きの人は頭が悪いという俗説があったところから「くるくる」が来たようですが、そのあとの「パー」についてはこれといった語源を見つけることは出来ませんでした。

一説ではあの人気アニメパーマンが由来という説もあるようですが…こちらは、もう少し調べてみる必要がありそうです。

・合わせて読みたい→1月だけがなぜ「正しい」月なのか? 「正月」と呼ぶ理由 

(文/ハイパーメディアフリーター・黒田勇樹

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集