吉岡里帆の心霊ドッキリがかわいすぎると話題「恋に落ちた」

吉岡里帆のモニタリング
(画像はTwitterのスクリーンショット)

『あさが来た』(NHK)に出演し一躍脚光を浴び、ゼクシィなどのCMでも活躍中の女優・吉岡里帆。

最近では『カルテット』(TBS系)にも出演中で、しらべぇでもその活躍を何度も取り上げている。

今もっとも旬といってもいい若手女優な彼女だが、昨日放送された『モニタリング』(TBS系)で心霊ドッキリにかかってしまい、その姿が「かわいすぎる」と評判のようだ。


 

■「絶対嘘だ~」にファンメロメロ

この日、吉岡が受けたのは心霊系のドッキリ。雑誌のインタビュー取材を受けているときに、数々の怪奇現象が起きるというものだ。

最初の「ラップ音が聞こえる」というドッキリでは、聞こえなかったと語る男性記者に対し「絶対嘘だ~」と両人差し指を突き出すポーズ。

余裕を見せたが、「ライトが点滅する」「女の子の声が聴こえる」「クマの人形が動き出す」など、仕掛けが加速すると激しく動揺。

大声を出して逃げる、人形にごめんと謝り名前を付けるなどなど、バラエティ的に満点の反応を見せた。

最終的には目をうるませながら「本当にダメ…」と、種明かしに来たスタッフに対して声にならない声で答え、スタジオの爆笑を誘ったのだった。


 

■「吉岡里帆さんファン各位」

無邪気さとかわいらしさを兼ね備えた彼女の反応に、ネット民も陥落。『カルテット』で演じている役柄・有朱(ありす)への言及も見られる。

『カルテット』内で魔性の女を演じ、視聴者をドギマギさせたり、満島ひかりと百合シーンを披露した吉岡だが、普段の彼女は飾らない、純朴で素朴な人柄のようだ。


■心霊現象経験率は3%

なお、しらべぇが昨年夏に1368名に対し行った調査では、「この夏、心霊体験をした」と答えた人は全体の3%程度。

sirabee20160902rei2

先日放送された『カルテット』第3話内では、真紀(松たか子)とすずめが入った蕎麦屋で稲川淳二のテープが流れていたが、そういう意味でも意外なリンクが発生した今回のドッキリであった。

《これまでに配信した『カルテット』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい⇒『カルテット』考察 すずめが曲を弾き直した理由を音楽家に聞いた

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo 
調査期間:2016年8月26
日~2016年8月29日 
対象:全国20~60代の男女1368名(有効回答数)

あなたにオススメ