しらべぇ

初対面の諸星和己を「お兄さん」と呼び怒らせるキングコング西野

エンタメ

ジャニヲタ歴30年ライター、ナンシー関ヶ原です。ホリエモンのイベントに元・光GENJIかーくんこと諸星和己が出演すると聞きつけ、さっそく行ってきました。

(画像は諸星和己オフィシャルブログのスクリーンショット)

(画像は諸星和己オフィシャルブログのスクリーンショット)

 

■レーシックをきっかけに知り合いになったホリエモンと諸星和己

六本木の複数の会場で堀江貴文プロデュースのイベント「ホリエモン祭」が行われました。メイン会場ではホリエモンと著名人のトークショーを開催。

その中でホリエモン、諸星和己、キングコング西野亮廣の3人で対談するカオスな回がスタート。

ステージにスモークが焚かれ、暗転すると「よ~うこそ~ここへ~」と光GENJI大ヒット曲『パラダイス銀河』が流れ始めました。

するとジーンズのラフな姿の諸星くんが登場! ステージに出てすぐに客席に突入。往年のファンの美魔女から、ホリエモンファンと思われるぽっちゃり男性までありとあらゆる人と握手をしながら歌い上げました。

ホリエモンと諸星くんは、マツコ・デラックスを発掘したことでも有名なMXテレビのワイドショー『5時に夢中!』で共演したことがあるそうです。

当初、番組で会っても話をすることはなかったそうですが、諸星くんが近眼でカンペが読めない様子をみたホリエモンがレーシックの病院を紹介。それをきっかけに交流が始まったとか。

「SMAP解散で、もっと仕事がくると思ってたんだけど、そうでもなかったんだよ~。」と仕事が少ないことを嘆く諸星くん。今回はホリエモンからの電話一本のオファーに、諸星くんが即決して参加したそうです。

 

■ホリエモン、諸星くんに「ネット炎上」勧める

共通の芸人仲間を通してホリエモンと知り合いになっていたキングコング西野も同じトークショーに登壇。

西野が「お兄さん、初めてですよね。」と声をかけると諸星くんは「お兄さんってなんだよ! 馴れ馴れしいなあ」とキレて会場を沸かせました。

自然と話題は「ネット炎上」に。キングコング西野がひな壇芸人をやめると宣言したのは正しいという話になりました。バラエティー番組の収録は何時間もかかって使われるのはほんの数分。

しかしネットで炎上すると、勝手にテレビ番組でとりあげられるので効率がよいと指摘するホリエモン。

キングコング西野も、自分が作った絵本を1万冊自分で購入した領収書をSNSにあげたら炎上し、数日間ワイドショーにとりあげられたエピソードを話しました。

「諸星さんもネットで炎上したら、もっとメディア露出が増えますよ」と勧めるホリエモン。

しかし諸星くんにはピンとこなかったようで話題は音楽に移行。諸星くんはアルファベットのだじゃれを言い始めました。

「ぼくらの時代はレコードで、A面B面があった。それがCDになって、今はEとFですよ!」笑いながらホリエモンが「EとFってなんですか?」と聞くと諸星くんは「営業のEとファンのFの時代ですよ。こういう場が大事なんです。」と答えました。

意外にも深い答えに、会場では「おおー!」と大歓声。

しかし直後に諸星くんがドヤ顔で「そして、Gの『GENJI』とHの『光』になるわけです」と発言。「それ何度もコスってきたネタなんですね。」とホリエモンが苦笑しました。

諸星くんの今後がなんだか心配です。

・合わせて読みたい→SMAP解散で減った売上を補填? 関ジャニ公演に客を入れすぎと不満の声

(取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集