松本人志が三又との借金トラブルを事実と認定!「ネタなのでは」との声も

エンタメ

2017/02/12 18:30

(画像はTwitterのスクリーンショット)
(画像はTwitterのスクリーンショット)

12日放送の『ワイドナショー』で、松本人志が三又又三との金銭トラブル報道について「事実」と認めた。


 

■店の資金として1000万円借りる

一部週刊誌によると、2年前三又が松本から自身の経営するバーの運転資金として、1000万円を借りたという。その金を三又は女遊びになどに使った模様で、それを聞いた松本が激怒。

2人は異なる事務所でありながら親交が深く、バラエティ番組などでたびたびその名前があがるほどだったのだが、現在は語られることもなくなり、絶縁状態になっていると報じられた。

ちなみに、そのバーは現在閉店しているようだ。


関連記事:坂本ちゃん「家族と金銭トラブル」で絶縁13年 再会するも違和感の声

 

■「事実です」と認める

一連の報道について松本は「完全に事実です。本当に返さない」、「というか、FLASHさんはまだ甘いですよ、あいつのクソ加減をうまく表現できていない」と言及。

東野幸治が「本人に直撃し、そんなことないですと否定していました」とフォローしたが、「逃げていったんでしょ、そんなことあるんです、逃げたことは完全に事実」と断言した。

さらに番組後半にとりあげた「男性は女性におごって当たり前? 」という話題でも「後輩がだんだん調子にのってきてお金借りてきて踏み倒して絶縁状態」、「(誰の話をしているの)三又だが」と発言した。

どうやら「借金をして返さない」という噂は、事実のようだ。


■「絶縁」はネタ?

衝撃の「事実宣言」が飛び出した2人の金銭トラブル。しかし番組で笑いにしていることから、「絶縁までは言ってないのでは」、「ネタなのでは」との声もある。

一般人なら1000万を借りて返さないというのは一大事だが、高額所得者の松本にしてみれば庶民の1万円のような感覚で、ネタにして笑いとって終わるレベルのかもしれない。

ちなみに三又のTwitterをみると、いまだに松本をフォローしている。絶縁しているというものの、トランプ大統領のようにブロックとまでは至っていない様子。

やはり絶縁宣言は「ネタ」なのだろうか。


■お金のトラブルは友達をなくしやすい

2人のように仲のいい友達と金銭トラブルになり、険悪になるケースや絶縁に至ってしまうことは多々ある。

しらべぇ編集部が全国の20代から60代の男女1,348名に「お金の貸し借りで友人と仲が悪くなったことがあるか」聞いたところ、50代男性の3割が「ある」と回答している。

お金で家族や友人とトラブルグラフ

50代といえばある程度の蓄えを持っている人が多いだけに、良心で金を貸したにもかかわらず私的利用されたうえに逃げられ、悔しい思いをしたことがある割合が高いのだろう。

ちなみに松本人志も50代。友人といえども金の貸し借りは慎重になったほうがよさそうだ。

・合わせて読みたい→「顔を見ただけで怪しい!」2時間ドラマの犯人役といえばこの人たち

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の男女1,348名