しらべぇ

ひとり暮らし女性宅に盗撮カメラ?警視庁がツイッターで情報提供呼びかけ

社会

(画像はTwitterのスクリーンショット)

(画像はTwitterのスクリーンショット)

進学・就職などで、春からひとり暮らしを始めるという人も多いだろう。そんな新生活がスタートする季節を前に、衝撃的なニュースが報道された。

昨年12月12日、東京都狛江市にあるアパートにて、ひとり暮らしをする女性が帰宅すると、洗濯機のホースが切断され、中に小型カメラが設置されていた。

カメラに記録されていた映像を確認したところ、そこには犯人の男の姿が。カメラを設置した後、立ち去る際に映ってしまったのだろうか…。

被害女性は、当日の朝、外出する際には、玄関の戸はしっかり施錠したとのこと。警察は、犯人の写真とカメラの映像を公開し、「住居侵入事件」として公開捜査に乗り出している。

 

■「警視庁刑事部『公開捜査』アカウント」がツイッターで拡散呼び掛け

今回の事件について、「警視庁刑事部『公開捜査』」という公式アカウントが、写真と動画を添付し、犯人検挙へ向け、情報提供を呼び掛けている。

こちらが、実際のカメラの映像。自宅に知らない男が侵入し、帰宅してこんなものを発見してしまったら…被害者女性は、一体どれほどの恐怖に苛まれたことだろう。

 

■ネットでは「怖すぎる」の声

東京都内のアパートの一室で起こった今回の事件。女性ユーザーを中心に「怖すぎる」という声が目立つ。

決して他人事とは思えない今回の事件。私たちのすぐ近くにも、こうした犯罪は潜んでいるかもしれない。

被害女性は、施錠して外出したとのことだが、犯人が女性の部屋へ侵入した手口については、未だ解明されていないのだそう。

ひとり暮らしの方に限らず、今一度自宅の防犯対策を見直したい。そして、犯人が無事に検挙されることを願う。

・合わせて読みたい⇒警察官が猫を尋問しネット民メロメロ 『密着警察24時』が話題

(文/しらべぇ編集部・もやこ

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集