『タラレバ娘』で心霊現象?「冷蔵庫の紙」が勝手に動く

エンタメ

2017/02/23 11:00

タラレバ娘
(画像はYouTubeのスクリーンショット)

日本テレビ系で毎週水曜日に放送中のドラマ『東京タラレバ娘』。22日放送の第6話では、主人公・倫子(吉高由里子)とイケメンバーテンダー奥田(速水もこみち)の、リアルで苦しい恋愛模様が描かれた。


 

■奥田と別れる倫子に絶望の声

奥田は見た目も性格も良く、料理上手でとても魅力的なオトコ。しかし、根が怠け者な倫子と違ってストイックな面があり、一緒にいると緊張してしまうことがわかる。おまけに好きな映画や、笑いのツボも合わない。

結果、倫子は別れを選ぶ。10年後の自分に責められるかも……と思いながらも、好きな相手・一緒にいて楽な相手と結ばれたいという一種の夢を捨てきれなかったのだ。


関連記事:『タラレバ娘』 まさかの「もこみち逃げ道」展開に女子興奮

 

■魂が成仏されすぎた?

そんな中、一部の視聴者の間で「心霊現象ではないか?」と話題になっているシーンがある。それは、「冷蔵庫に貼ってある紙が勝手に動いた」というもの。確認してみると、たしかに12分45分頃に該当するシーンが確認できる。少数だが気づいた人もいるようで、普段とは違った悲鳴が確認できる。

心をエグる内容ゆえ、放送のたびにリアルタラレバ女子たちの魂が大量に墓場へと向かう本作。怨念がたまったせいで、このような現象が起きてしまったのだろうか…?


■ひと夏の心霊経験者は3%程度

現実的に考えて「マグネットが原因」というのが答えなのだろうが、テレビドラマ内でこれほどバッチリ写ってしまうのはそう多い話ではない。視聴者が驚くのも無理はないだろう。

sirabee20160902rei2

なお、しらべぇ編集部が昨年夏、全国の20~60代の男女1368名に行なった調査では「この夏、心霊体験をした」と答えたのは全体の3%程度となっている。

「不倫」「セカンド女」「高スペックだけど合わない相手」などなど、リアルすぎる内容が「ホラーのようだ」と評される本作。勝手に動く紙とどっちが怖いのかは人それぞれだが、「タラレバちゃん」が見え始めたら本格的にヤバいのは間違いない。

《これまでに配信した『東京タラレバ娘』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい⇒『タラレバ娘』 クズ男役・田中圭に惹かれてしまう女子続出

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo 
調査期間:2016年8月26
日~2016年8月29日
対象:全国20~60代の男女1368名(有効回答数)


あなたにオススメ