しらべぇ

元清掃員が語る ホテルの部屋はきれいして帰るべきなのか

ライフ

(kzenon/iStock/Thinkstock)

(kzenon/iStock/Thinkstock)

「立つ鳥跡を濁さず」との言葉があるが、これはホテルの部屋にも当てはまる。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,400名に「ホテルの利用について」の調査を実施。

「チェックアウトをするときに、部屋をきれいにしてから出る」と答えたのは、60.4%と高い結果になった。

 

■男女ともに部屋をきれいにしてチェックアウト

男女別では、次のような結果に。

ホテルの部屋をきれいにする男女別グラフ

男性よりも女性のほうが多い割合だが、どちらも半数を超えている。ホテルの部屋をきれいにしてから出るのは、男女ともに共通した認識のようだ。

「あまりに汚いと、清掃に入った人に申し訳ないかなと思うので」(20代・男性)

 

「『あの人、部屋を散らかしたまま帰った』と、思われるのが嫌だから」(30代・女性)

 

■清掃員の気持ちを考えると…

年代が上がるほどに、部屋をきれいにする人が増えている。

ホテルの部屋をきれいにする性年代別グラフ

やはり年を重ねると、清掃の意識が高まるのだろうか。

「昔、ホテルではないけど清掃のバイトをしていたことがあるんです。それから清掃の仕事の大変さを知り、できるだけ手間がないように片付けてチェックアウトをします」(40代・男性)

 

また主婦になると、家事の目線で見ている。

「家の掃除でも大変なのに、毎日何室も短時間でやるのはすごいこと。そう考えると、きれいに使おうって思う」(40代・女性)

 

■元ハウスキーパーはあまり気にせず?

以前ホテルにてハウスキーパーとして勤務していた30代の女性は、当時を振り返り次のように語る。

「私たちが清掃をするので、ゴミが散乱しているなどのひどい状態でなければ気になりません。ただホテルの部屋には忘れ物が多く、整えることで確認になると思うので、続けてもらえればホテル側も助かるでしょう」

 

清掃員はそこまで気にしないようだが、汚いままだと自分で許せない人も多そうだ。

・合わせて読みたい→締め出しに鍵紛失! ホテルで起こった大失敗エピソード4つ

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1,400名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集