しらべぇ

「Googleアカウントが変更されました」 対処法をGoogleが公式発表

テクノロジー

(画像はGoogle検索画面のスクリーンショット)

(画像はGoogle検索画面のスクリーンショット)

24日未明より、一部のGoogleユーザーに「Googleアカウントが変更されました」という通知が届き、強制ログアウトされるというトラブルが発生。

「LINEアカウントの乗っ取り」被害が相次ぐ中での今回のトラブルに、困惑している人も少なくない。

これに対しGoogleが、今回のトラブルの対処法と、アカウントセキュリティへの影響について、公式アナウンスしている。

 

■対処法は「再ログイン」

今回のトラブルは、「アカウント乗っ取り」といったアカウントのセキュリティ面には心配ないとのことなので、まずは一安心だ。Googleの発表によれば…

「この度、一部のお客様におきまして、Google アカウントが変更された旨の通知が送付されていることが判明しております。
調査の結果、該当の通知はフィッシングやアカウントのセキュリティに影響するものではないため、ご安心ください。

 

万が一、本通知をお受け取りになった場合、accounts.google.com/ から再度ログインしてください。
パスワードをお忘れになった場合は、g.co/recover からパスワードの再取得をお願いします。
もし二段階認証プロセスをご利用の場合、SMS 受信にお時間を頂く可能性がございます。その場合、再度二段階認証プロセスをご利用いただくか バックアップコードを利用してください」

 

とのこと。Gメールのアカウントとパスワードが手元にある場合には、上記アドレスから「再ログイン」すれば、対処できるそうだ。

パスワードを忘れてしまった場合には、上記手順に従って、パスワードの再設定をすれば、ログイン可能だ。

 

■「再ログインできた」という声が続々

やはり、アカウントの「乗っ取り」を心配した人が多かったようだが、Googleからのアナウンスがある前から、冷静に再ログインを試み、無事復活できたという人も。

今回のトラブルの具体的な原因については、未だ公表されておらず、様々な憶測が飛び交っているようだが、悪質な「乗っ取り」ではないので、安心してほしい。

今回の件をうけて、パスワードを書きとめておいたり、より複雑なパスワードに設定し直したりと、今一度セキュリティ対策について、見直すのもいいかもしれない。

・合わせて読みたい→【いくつ知ってる?】検索エンジンGoogleの遊び心がつまった 「仕掛け」とは

(文/しらべぇ編集部・もやこ

関連記事

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集