しらべぇ

がんに効くとうたった「いき水」社長が逮捕 ネット民からは憤りと疑問の声

社会

(IJzendoorn/iStock/Thinkstock)

(IJzendoorn/iStock/Thinkstock)

飲めばがんの予防や免疫力が上がるとうたった「いき水」という商品を販売したとして、警視庁が販売会社社長の男性(65)を医薬品医療機器法違反の容疑で逮捕したしたことをNHKニュースが報じた。

厚生労働省の承認を受けていないにもかかわらず、「白血球を活性化させる」といった医薬的効能があるようにうたって販売していたという。

「いき水」は20ミリリットル入りの5本セットで12,500円で販売されており、がんで闘病中の男性の母親が「いき水を飲んで余命よりはるか長く生きた」とホームページ上で紹介されていた。

 

■ネット民からは怒りの声

製造を委託された業者によれば、「いき水」は男性がどこかで購入してきた液体を薄めたものだといい、成分の99.89%は水だと証言しているとのこと。

この報道に対して、ネット民からは憤りの声があがった。

・これだから水は信じられない。これにすがる人にも同情するけど、本当に効果があったらもっと大々的にニュースになるだろ…

 

・これ詐欺罪じゃなくて、あくまでも承認が通ってないものを販売したからってことなんだね。こんなの詐欺だろ?

 

・水じゃなくて夢を売った…まさに水商売。詐欺だけどね

 

・がん闘病中の人がワラにもすがる思いで買っていたことを考えるとほんと腹立つ

 

■「ネット詐欺」遭遇者は1割未満だが…

ネットが普及したことにより、誰もが気軽にネットで買い物ができる時代になったことは言うまでもない。しかし一方で、詐欺やトラブルに巻き込まれることも多いだろう。

しらべぇ編集部が全国の男女1,358名に調査した結果、「ネット詐欺に遭ったことがある」という人は、全体で9.4%だと判明した。

ネット詐欺

1割未満ではあるが、たくさんの人が利用するネットだけにけっして少ない数字とは言えないだろう。

 

昨年では「水素水」が話題になり、水に対して不信感を抱く人も多いはず。水だけに限らず、商品を買うときはよく調べて十分に検討することを心がけたい。

・合わせて読みたい→紗栄子に山田優も! 「水素水」を紹介していた芸能人の現在は?

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん
【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の男女1,358名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集