こしあんvsつぶあん 大人になってから良さがわかる人も

グルメ

2017/03/03 05:00

(hungryworks/iStock/Thinkstock)
(hungryworks/iStock/Thinkstock)

和菓子には欠かせない「あんこ」だが、こしあんとつぶあんでは好みが分かれるところ。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代のあんこが食べられる男女1,182名に「あんこについて」の調査を実施した。

「こしあんよりもつぶあんが好き」と答えたのは54.8%で、やはり意見が分かれている。



 

■つぶあんは大人の味なのか

性年代別では、男女ともに年代が上がるほどにつぶあん派が多くなっている。

こしあんよりつぶあん性年代別グラフ

とくに20代男性では、つぶあん派は4割を切る結果だ。

「こしあんのほうが、あっさりしているように感じる。赤福は食べやすいから何個でもいけるけど、おはぎは1個で十分だし」(20代・女性)


こしあんよりもつぶあんのほうが、甘さが強く感じると言われている。健康志向などで甘さ控えめのほうが、現在の若者には好まれるのだろうか。

「子供の頃はこしあんしか食べられなかったけど、大人になったらつぶあんの良さも分かってきた」(40代・女性)


つぶあんが、大人に好まれる味とも考えられる。


関連記事:コストコの牛たんブロックがお買い得すぎる そのまま焼いてもいいけれど…

 

■菓子の種類であんこも使い分け

また菓子の種類により、つぶあんとこしあんの好みが変わる人もいる。

「やっぱり、たい焼きや今川焼きはつぶあんでしょう。でもどら焼きのつぶあんは、あまり好きではない。温かいつぶあんが好きなのかも」(20代・女性)


「関東でぜんざいと呼ばれる汁気がなくもちにつぶあんをかけたようなのが、こってりすぎて完食できません。関西の汁気があってつぶもあるぜんざいは、まだなんとかいけますが」(30代・男性)


関西と関東で、ぜんざいの認識が違うのは有名だ。完食ができないのは、先に書いた甘さの感じ方の違いにあるのだろう。

和菓子好きにとっては、どちらも幸せな気持ちにしてくれるものなのは確かである。

・合わせて読みたい→キング・オブ・和菓子決定戦! 3位団子、2位、1位は?

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代あんこを食べられる男女1,182名 (有効回答数)