しらべぇ

関ジャニ丸山、初主演映画で富美加の降板… だけじゃない残念エピソード

エンタメ

sirabee20170302maruyama

ジャニヲタ歴30年ライター、ナンシー関ヶ原です。

関ジャニ∞丸山隆平くんがCDデビューして13年、やっと手に入れた映画の初主演仕事。ファンも喜んでいたのもつかの間、映画のヒロイン役はまさかの清水富美加!出家騒動で清水富美加が降板し、かなりの尺を撮影し直すはめになったそうです。

丸山くんは貧乏くじをひく体質と、関ジャニ∞ファンのなかでも有名。丸山くんを襲ってきた、数々の残念エピソードをみていきましょう。

 

■初主演のドラマ放送時間が、オリンピック生中継とまるかぶり

丸山くん初主演となったドラマはテレビ朝日『ボーイズ・オン・ザ・ラン』で、放送時期は2012年7月~9月。なんと放送は金曜23時台で、当時開催されたロンドンオリンピック放送とかぶる枠でした。

共演した陣内孝則は、制作発表時に「7月はオリンピックと被るので、それほど期待されていない当て馬番組であると…」とコメント。

その予言が的中したのか平均視聴率は5.86%。同年、同じくテレビ朝日・金曜23時枠で放送された高橋克典主演『匿名探偵』が10.46%、TOKIO松岡昌宏くん主演『13歳のハローワーク』が8.34%だったのと比べるとかなり低い数字に…。

さらに共演者の平愛梨、斎藤工はブレイク前、原作マンガ『ボーイズ・オン・ザ・ラン』作者の花沢健吾氏も次の作品『アイアムアヒーロー』のほうがブレイク…とタイミングが悪かったのも残念です。

 

■イケメン・アクション映画もなかずとばず

丸山くんは2011年、瑛太や椎名桔平らとともにアクション映画『ワイルド7』に出演。原作コミックは70年代に人気を博したオートバイ・アクション! しかも、海猿シリーズを大ヒットさせた羽住英一郎氏名が監督。企画書だけ見たら大ヒット必須の作品だったのですが…

ジャニヲタ(30代・医療事務)によると

「丸山くんの役はかっこよかったし、主演の瑛太がピッタピタの革ジャン、革パンでバイクにまたがるアクションムービーで女子はドキドキするはずなのに、こんなに話題にならないものかと驚きました。」

イケメンの革ジャンはジャニヲタには刺さりましたが、原作を読んでいた中高年男性には俳優がスレンダーで迫力がないと不評だったようです。興行収入もあまりあがらず、丸山くん映画でも残念な目に遭いました。

 

■丸山くんはスクープも残念すぎて愛らしい!?

そんな丸山くんのスクープ報道はさらに残念! ジャニヲタ(30代・会社員)によると

「今まで週刊誌に載った丸山くんの記事といえば、オトコだけの花見、深夜にスーパーでひとりでお酒買ってるところ、平愛梨に呼び出されて長友の相談をされるシーンなど、残念なものばっかり。でもそこが丸山くんのいいところですよね、ほっこりします!」

残念すぎた丸山くん、今回の映画はぜひヒットしてほしいと願っています。

・合わせて読みたい→初対面の諸星和己を「お兄さん」と呼び怒らせるキングコング西野 

(取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集