不幸は連鎖する?「ブラック企業経験者」は詐欺被害にも…

社会

2017/03/08 06:30

ゾンビ
(©ぱくたそ)

低賃金や過重な労働、厳しいノルマ、パワハラなどが常態化し、社会問題ともなっているブラック企業の問題。

しらべぇ編集部が全国の男女1,400名に調査した結果、全体の14.9%が「ブラック企業に勤めたことがある」と回答した。決して無視できる数字ではない。

さらにブラック企業経験者の特徴を分析したところ、興味深い3つの事実が浮かび上がってきた。


画像をもっと見る

 

①鬱の経験者も5割超え

ブラック企業

ブラック企業に勤めた経験がない人で「鬱になったことがある」と答えたのはおよそ2割。ところが、ブラック企業経験者では5割を超えた。

ブラック企業の働き方は、メンタルに及ぼす影響が少なくないとも考えられる。

とはいえ「ブラック企業経験者は鬱率が高い」というのは、納得しやすいだろう。しかし、今回の調査で明らかとなったのは、さらにさまざまな不幸が重なっているのではないか…という可能性だ。


関連記事:キャンドゥ、超ブラックな“ポチ袋”を販売してしまう 「マジかよ…」

 

②4割が「好きでない異性と結婚」

ブラック企業

ブラック企業に勤務経験のある既婚者782名に聞いたところ、「好きでない異性と結婚した」と答えた人の割合が、未経験者と比べて30ポイント近く高くなった。

会社選びだけでなく、配偶者選びも間違ってしまったのか。もしくは、厳しい仕事からくる余裕のなさから、相手をしっかり選ぶことができずに妥協したのか。

いずれにせよ、仕事はブラックで家でも妻・夫が好きでないとしたら、安らぐ場所がない。


③詐欺被害者も5割に迫る

ブラック企業

ブラック企業の経験者は、詐欺の被害にあった割合も高い。未経験者と比べて30ポイント近く高く、5割に迫っている。


これらのデータは因果でなく相関であり、ブラック企業が「諸悪の根源」と断言することはできない。

しかし、鬱や離婚、犯罪被害などの問題を掘り下げるとき、同時に働き方によるストレスにも目を向ける必要があるだろう。

・合わせて読みたい→もっともブスな女性が多そうな街は…「日本三大ブス」説が崩壊?

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1,400名(有効回答数)