しらべぇ

渡辺麻友主演『サヨナラ、きりたんぽ』 「局部切断を連想する」とクレーム

エンタメ

(画像はTwitterのスクリーンショット)

(画像はTwitterのスクリーンショット)

AKB48・渡辺麻友(22)を主演に4月からテレビ朝日で放送予定の連続ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」が、男性の局部切断を連想させるとの批判が相次ぎ、「タイトル未定」と変更されていることがわかった。

 

■「きりたんぽ」が局部切断をイメージさせると批判

同ドラマは昭和11年に起こった、交際中の男性を殺害し局部を切り取った阿部定事件をモチーフにしている。

渡辺も意気込みいっぱいのようで、自身のツイッターに「なんと、平成の阿部定です!」と告知していた。

しかし、阿部定ということもあり「きりたんぽ」が男性の局部切断を意味しているのではないか、というクレームが秋田県庁や市役所などに相次ぎ、タイトル変更を余儀なくされたという。

一連の騒動にネット民からもさまざまな声が。

今回のクレームに賛成する意見は…

・きりたんぽを局部に例えるのは品がない。小学生がソーセージをアレに例えるのと同類

 

・モチーフが局部切断の事件で、しかもきりたんぽは作中使わないとか…そりゃさきりたんぽは局部だと思うだろ

 

・逆にこれで怒らない人いるのかよw

 

・きりたんぽどうこうじゃなくて、うすら寒いオヤジギャグを見せつけられてることに腹が立つ

一方、クレームに反対という声も…

・沖縄はちんすこうをむしろプッシュしまくってるけど。秋田が敏感すぎるのでは

 

・これで連想するってむしろいやらしすぎるだろ…気づかなかったわ

 

・まゆゆがきりたんぽを咥える番宣あったら興奮する

 

思わぬかたちで注目されてしまったこのドラマ。はたしてどのようなタイトルに変更されるのだろうか、見守りたい。

・合わせて読みたい→テレビ朝日『日曜洋画劇場』『怒り新党』が終了 悲しみや不安の声も

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集