実写『銀魂』ゆるい音頭に絶賛!『ジョジョ』予告動画には厳しい声

7月14日の劇場公開を控えた実写映画『銀魂』。

主演の小栗旬(34)、菅田将暉(24)、橋本環奈(18)ら「万屋」の3人が作詞・振付・作曲を手がけたという「銀魂音頭 春休み篇」が9日に公開され、またもファンの心をつかんでいる。

sirabee20170312gin01
(画像はyoutubeからのスクリーンショット)

 

■ゆるい空気感に原作ファンも納得

2004年から週刊少年ジャンプで連載中の『銀魂』は、笑いとアクション、人情味あるストーリーを組み合わせたSF時代劇として人気を博している。

実写化決定後、キャラクタービジュアルが公開されるたび、実写化に否定的なネット民も納得の再現度の高さで、多くのファンが完成に期待を寄せてきた。

今回公開された動画は、2017年の正月に公開され大反響を呼んだ「銀魂音頭 正月篇」の続編。春らしく桜が舞う中で3人がゆるい音頭を披露する。

楽しげに、グダグダに音頭を披露する3人だが、「これぞ銀魂クオリティ」とファンも納得の仕上がりのようだ。

ほかにも「ひどい(いい意味で)」「ある意味スゴイ」とファンの反応は上々。公開が待ち望まれている。


 

■ジョジョも動画を公開

しらべぇではこれまでも、同じ少年ジャンプ作品、同時期に実写化される『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』とファンの反応を比較してきた。

前述のとおり『銀魂』のキャラクター再現度は高く評価されているが、『ジョジョ』はキャラクターが解禁されるたびに「クオリティが低い」「コスプレ大会」と酷評が目立っている。

現時点で両作品とも主要キャラは解禁済み。前評判では『銀魂』に軍配が上がっているが、公開された動画に関しても明確な差が生まれているようだ。

sirabee20170312gin02
(画像は映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第一章』公式サイトからのスクリーンショット)

10日時点で、公式Youtubeチャンネルの予告動画を高く評価したアカウント数が約1,700に対し、低く評価したのは3,500とダブルスコア。

映画情報サイト『シネマトゥデイ』の公式チャンネルが公開した、同内容の予告動画では高評価1,600に対して低評価は17,000と10倍以上の大差をつけられている。

当然、ファンの反応も厳しい。

・これは間違いなく出演者達の黒歴史になるだろうな
・予告映像から漂う駄作臭
・実写ジョジョの予告観てみたけど、キレそう
・ダサすぎて笑えない


7月『銀魂』、8月『ジョジョ』の公開に向け今後も情報が解禁されていく。

前哨戦では『銀魂』に大差をつけられた形の『ジョジョ』。公開までに、ファンの期待値を上げることはできるのだろうか。

・あわせて読みたい→実写『ジョジョ』ビジュアル解禁のたび落胆のファンが『銀魂』に嫉妬

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

あなたにオススメ