『路線バスの旅』新旅人は田中要次&羽田圭介!太川陽介も声で参加

エンタメ

2017/03/18 07:00

俳優・太川陽介(57)とタレント・蛭子能収(69)が卒業したテレビ東京系の看板バラエティー番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は新たなメンバーを迎え、新シリーズをスタートさせることが明らかになった。


 

■新シリーズ名は「Z」

新シリーズ名は『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』。初回放送は3月25日(土)18時30分(テレビ東京ほか)に決定した。

新たな旅人は、昨年11月の特別編で熱海から金沢のローカル路線バスの旅に初挑戦し、見事ゴールを果たした、俳優・田中要次(53)と、芥川賞作家・羽田圭介(31)がコンビを組む。

©テレビ東京
(写真左から:羽田圭介、IMALU、田中要次 ©テレビ東京)

関連記事:『ローカル路線バス乗り継ぎの旅・特別編』出演者が判明 キャスト交代の布石か

 

■新シリーズで内容はどうなる?

新シリーズになって、名前に「Z」が付いたが、前シリーズ同様、台本なし、仕込みなし、アポなしガチンコ旅は変わらず、毎回マドンナ(女性ゲスト)を迎えて3泊4日でゴールを目指す。

ちなみに今回のマドンナには、IMALU(27)が登場する。

(©テレビ東京)
©テレビ東京

■太川陽介が番組ナレーションに登場

今回のコースは静岡県伊豆半島下田港をスタート地点とし、愛知県知多半島の先端・師崎港がゴールに設定された。

さらに、バス旅の先輩、太川陽介も番組のナレーションで参加決定。「Z」シリーズを盛りあげる。


■田中要次 新シリーズ出演決定への意気込み

太川さんと蛭子さんの最後の旅を観て、これは本当に大変な役目なのだと思い知らされました。


先人への思い入れが強い視聴者の方々も多いと思われますが、僕と羽田君の新たなコンビネーションも続いて楽しんで頂けたらと願うばかりです。


シリーズ第一弾は前回よりも更に良くも悪くもミラクル連発な旅になりました。僕らの「Z」な旅をお楽しみ下さい!


■羽田圭介 新シリーズ出演決定への意気込み

テレビ東京の看板番組に自分が出ていいのか? と思った。だが、太川さん・蛭子さんたちから引き継ぐだとか、レギュラーになるような実感はない。


今回がダメだったら、次はない。一回一回の連続にすぎない。だから、続けたいのであれば、よい旅になるよう、努力しなければならない。事後的に見て、長く続いていれば、御の字なのかもしれない。


終盤の極限状態でのIMALU さんの決断、それに感化される僕と田中さん。ラストまで見てほしいです。旅を終えて数日経った今も、思いだすと…。


■IMALU 田中さんと羽田さんのコンビについて

田中さんは地図係、羽田さんは足が速いので急に走り出す係(笑)ときれいに担当がわかれていましたが、たまにお二人とも面倒くさがるところが面白かったです。(笑)


コンビネーションは最高で、これからのZには期待しかありません!


今回も予想がつかないことがいろいろと起きています!楽しんでいただけたら嬉しいです!


©テレビ東京
(©テレビ東京)

【番組概要】
タイトル:土曜スペシャル「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」
放送日時:3月25日(土)18:30~20:54
放送局 :テレビ東京、テレビ愛知
出演者 :【出演】田中要次、羽田圭介、IMALU 【ナレーター】キートン山田、太川陽介

・合わせて読みたい→太川陽介「もう一緒なの?」蛭子能収とバス旅卒業後初共演も旅番組

(取材・文/しらべぇ編集部・京岡栄作


あなたにオススメ