しらべぇ

福島DASH村の柴犬「北登」が逝去…視聴者から悲しみの声

エンタメ

柴犬

(irontrybex/iStock/Thinkstock)

26日放送の『ザ!鉄腕DASH!』は、2時間スペシャル。「DASH島」「DASH海岸」などの人気コーナーが放送された。

その中で、番組の最後に残念な話題が流れ、視聴者に悲しみが広がっている。

 

■柴犬「北登」が逝去

その悲しい話題は、福島DASH村で若き日のTOKIOメンバーと時を過ごしていた柴犬・北登の死。昨年9月に16歳になった北登が、亡くなったという。

北登は2001年、村に犬小屋が完成した際に迎えられ、長きにわたりシンボル的存在として親しまれる。

番組初期には脱走することが多く、俊足松岡が全力で追いかける場面も。その元気と愛くるしい姿は、視聴者に癒やしを与えていた。

東日本大震災発生後は東京に移住。スタッフの知人に引き取られ静かに暮らしていたが、昨年12月ごろから体力が衰えはじめ、2月16日に残念ながら他界。番組ではメンバーとの「思い出の場面」が放送され、静かに冥福が祈られた。

その様子に、ネット民からも悲しみの声が続出。

 

■ペットロスからの切り替えには時間が

今回TOKIOメンバーからのコメントはなかったが、時間を見つけて北登に会いに行く様子が放送されており、大きなショックを受けているものと思われる。

ペットは家族の一員であることから、亡くなったあと「ロス」に陥ってしまうことがある。しらべぇ編集部が全国の20代から60代のペットを飼ったことがある人762名に、「今飼っているペットが亡くなっても、すぐに次を飼える」か聞いてみたところ、「飼える」と答えた人は、わずか16.8%。

sirabee17327dash

やはり「家族」であるだけに、ロスまではいかなくとも、気持ちを切り替えるには時間がかかる人がほとんどのようだ。

それは北登も同様。代わりになる存在はいないだけに、メンバーのショックも計り知れないものがあるだろう。

「新宿DASH」の畑は、「北登が再び土の匂いを嗅ぎ、草木とたわむれることのできるスペースを作りたい」という目的から作られた場所。

現在畑は福島DASH村の副村長で2014年に他界した昭雄さんの残した種から、本葉が出始めた状態。

残念ながら北登は亡くなってしまったが、両者の意思を継ぎ、緑と動物が共生できる素晴らしい場所を作り上げてほしい。

・合わせて読みたい→ペットを捨てたことがある…責任感のない飼い主の実態を調査

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日
対象:全国20代~60代のペットを飼ったことがある男女762名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集