かわいすぎるオッサン萌えの時間が…バイプレイヤーズ最終回

(画像はYouTubeテレビ東京公式チャンネルのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)
(画像はYouTubeテレビ東京公式チャンネルのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)

3月が終わる。月日の流れる速さや、年度末の忙しさを嘆いているのではない。

遠藤憲一・大杉漣・田口トモロヲ・寺島進・松重豊・光石研の豪華キャストで、毎週金曜日の夜を彩り、「尊い」ほどかわいいオッサンたちの集うドラマ――テレビ東京『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』(以下、『バイプレイヤーズ』)の最終回が来てしまうのである。

しかも、ファンは予告編を観て、こんなジレンマも抱えていた。


あのかわいすぎるオッサンたちが枕投げなんて…ワクテカせずにはいられないのだ。

そんな最終回の『バイプレイヤーズ』は、どうなるのか。


 

■本当に終わってしまうのか?

(画像は公式サイトのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)
(画像は公式サイトのスクリーンショット(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会)

今回のゲストは、前回から引き続き佐々木希、岡田将生、大森南朋。「相方」回でまさかの「右京違い」を巻き起こした張本人・池松壮亮が再びの登場。そして「テレ東ドラマに初降臨」という、天海祐希。

あらすじを見ると、どうやらあの事件の後はシェアハウスで、10年も潜伏していたようなのだが…。

ファンとしては「その10年のシェアハウスでの日々をぜひ!」といったところだが、どうやらそれだけでは終わらないらしい。

そして超豪華ゲストの天海が、現場でどんな様子だったのか? テレビ東京・濱谷晃一プロデューサーに聞いた。


 

■「うわぁ、そろってる、そろってる!」

「最終回のゲストには、すごいことに天海祐希さんが登場します。天海さんはテレビ東京のドラマ初出演で、しかも他局のドラマで共演中だった遠藤憲一さんに『出演したい』と直談判してくださって…。“あり得ないことが起きた!”って感じです。


出演の仕方もユニークなので、楽しみにしてください。撮影当日は館山にいらっしゃったのですが、6人と一緒の撮影をとても楽しんでくれて、現場に入りメンバーを目にすると『うわぁ、そろってる、そろってる!』と喜んでいました。


しかも半日の撮影にも関わらず、カフェワゴンの差し入れをいただきまして…お心遣いに感激しました」


天海祐希ほどの大女優でも、あの6人がひとつの現場にいる姿には、思わず声が出てしまうという…そう考えると、やはりこの3か月間は「尊い」時間だった。

濱谷プロデューサーに『バイプレイヤーズ』最終回への想いを語ってもらおう。

「今回のドラマは本当に多くの方に温い応援をいただきました…。いちプロデューサーとしては、この6人がまたテレビ東京に集まる機会を作りたい! という気持ちはもちろんあります。


視聴者のみなさんの反応も大きな後押しになります。ドラマの台詞にもありましたが『どうせテレ東だろ』『またテレ東かよ』で構いませんので、声に出して盛り上げてもらえると嬉しいです」


「またテレ東かよ(歓喜)」のツイートが躍る日を夢見つつ、今日の最終回は

「#このドラマはタダでは終わらない」「#いわゆる衝撃的な展開がというやつ」「#最後までバイプレイヤーズらしく」この言葉を信じて、『バイプレイヤーズ』らしいラストを楽しみにしたい。

・合わせて読みたい→名脇役が干される?寺島進が大森南朋に「偉そうになったな」

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

あなたにオススメ