20代30代女子がまさかの…「パクチー嫌い」調査の結果に驚愕

ライフ

2017/04/06 06:30

(Boonchuay1970/iStock/Thinkstock)
(Boonchuay1970/iStock/Thinkstock)

ここ数年、すっかり人気食材となったパクチー。

Google検索で「パクチー 人気店」と検索すると、「パクチー女子」や「パクチスト」などのキーワードが入った、おしゃれなレストランのまとめ情報が並ぶ。

しかし、香りの強さや独特の味わいから、以前は「苦手」という人も多かったはず。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,332名を対象に「パクチーが嫌いだ」という人の割合を調査した。


画像をもっと見る

 

■女子の方が嫌い!?

全体では42.2%が「パクチーが嫌い」と回答。


201704060630_1

男女別で見ると男性は40.4%、女性は44.0%と男性よりも女性の方が3.6ポイント高い。一般的には「男性の方が、苦手な人が多い」と言われがちなので、この時点で「ん? 女子の方が、好きなんじゃなかったの?」と不思議な気持ちに。

そこで、性別・年代別で比較してみると

201704060630_2

20代と30代女性が、まさかの半数超え!

エスニック料理全体のブームもあるが、「おしゃれ女子会」で選ばれることの多いのが、パクチー料理のはずじゃなかったのか?

一方、60代女性は30.4%と最も低く、男性は40代の35.8%を谷間にV字な数値となっている。

60代の男女差11.4ポイントが、僅差で最も開いているのを考えると、これまで通説として言われてきた「男性の方が苦手な人が多い」っていうのは、この年代の話としか思えない。


関連記事:グルメの宝庫・北海道に意外と多い? 死ぬほど嫌いな食べ物がある割合は…

 

■柚子胡椒もそうだった…

実際に「パクチーが嫌い」な女性に話を聞いた。

「子供っぽく思われるので、なかなか言えないんですけど…ネギ類やショウガは大丈夫だけど、パクチーだけじゃなく、セロリ、ミョウガなど、香りの強い野菜が全般的に苦手。

出てきたらがんばって食べますけど、かなりがまんして食べている感じです。でもパクチー鍋がメインだった会があって、さすがにその時はメニューがわかった時点で『ごめん!』と言ってキャンセルしました」(20代・女性)

“子供っぽいと思われるから”という理由で、好き嫌いを言えないのはありそう。

「生春巻きみたいに、ちょっと入ってるくらいなら平気ですけど、最近の“どっさり”な感じはダメです。でも『好きでしょ?』って前提で話されると、やっぱり『嫌い』って言いにくい雰囲気はあるんじゃないですかね? 特に“トレンドは押さえとかなきゃ!”って、思うタイプは。

しかも流行っているせいか、女性に人気のお店ではやたらとパクチー使った料理が増えていて、そういうのを見ると、少し前の柚子胡椒ブームを思い出します。あの頃も『女子は柚子胡椒を添えとけば、喜ぶんでしょ』的な感じ…今のパクチーの扱いは、あれに似ている気がしますね」(40代・女性)

薬味のひとつとして定着した柚子胡椒も、創作和食系を中心にブームになった時期があり、確かに今の流行り方と近いイメージだ。

ファッションと同様に食べ物にも流行り廃りがあり、定着するものもあれば、懐かしくなるほどブームが過ぎ去ってしまうものもある。

トレンドだからとがまんせずに、思い切って「本当は苦手なんだ」と言ってみたら、意外と「実は私も…」という賛同者が多いかも?

・合わせて読みたい→好き嫌いが分かれる「パクチー」 和名はあの虫の名前!?

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)