しらべぇ

子供と公園へ!スヌーピーのARアプリが大人もハマるかわいさ

ARアプリを使って公園でスヌーピーなどPEANUTSキャラクターが捕まえられる!

ホビー

寒さも遠ざかり、気温もグッと上がって外が気持ちいい季節。近所の公園で子供たちを遊ばせる姿も、目立つようになってきた。

そうした中4月18日から、江崎グリコが「そとポ!そとプリ!~逃げたスヌーピーたちを捕まえろ!~」キャンペーンをスタート。

スヌーピーをはじめとした「PEANUTS」の人気キャラクターを捕まえるゲームアプリは、大人もはまるかわいさだ。しらべぇ取材班は、都内で行なわれた親子体験会に潜入した。  

 

■親子で盛り上がる外遊び

今年で2回目となるポッキー&プリッツの春のキャンペーンだが、今回はスマホやタブレット端末の位置情報を利用したAR(拡張現実)ゲーム「そとポ!そとプリ!~逃げたスヌーピーたちを捕まえろ!~」を開発。

遊び方は簡単。キャンペーンページやGoogle play・App storeからアプリをダウンロードし、6月19日までの期間中、日本全国の約8万か所の公園で対象商品のパッケージにアプリをダウンロードしたスマホをかざすと、AR効果でスヌーピーたちが駆け回っているような様子が画面上で楽しめる。

全部で33のキャラクターをコンプリートすると、限定の壁紙がダウンロードできる。 体験会で遊んだ子供たちは、スタート直後からかわいいキャラクターに夢中に。

キャラクターに負けないくらい公園内を駆け回りながら、次々と捕まえていく。

「すごい! ママは全然、捕まえられないんだけど~」と言いながら、一緒に遊ぶお母さんたちも楽しげ。

 

■すぐ輪が広がる

対象商品は「そとポ!そとプリ!」のロゴマークがついた、8種類のポッキーと5種類のプリッツで、絵柄もさまざま。

別々の絵柄を持つ子供同士が「交換しよう」と声をかけ合ってパッケージを交換し、初めて会ったばかりなのに、すぐに一緒に遊びはじめる。

キャラクターを共に集める様子に「ポッキーのコンセプト『Share happiness!』なゲームになってるぞ!」と、取材班も盛り上がった。

昔に比べ子供たちが安全に遊べる環境が少なくなってきている現代、親子で一緒に外で楽しめ、その場の子供たちともすぐ仲良くなれるゲームは、かなりのお役立ちツールといえそう。

日々の公園遊びに加え、これから迎えるゴールデンウイークなど、さまざまな公園で遊ぶことができる。

旅先の公園でもいいし、旅行ができなくても少し足を延ばして、少し離れた大きな公園など、おやつにポッキーやプリッツを持って出かければ、新しい「PEANUTS」キャラクターと出会えるかも。

・合わせて読みたい→「ご当地みやげポッキー」空港の免税エリアならコンプ可能

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

関連記事

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集