セクシー女優・戸田真琴はなぜ「処女でAVデビュー」した?  心境の変化にも迫る

「処女のままAVデビュー」で注目のセクシー女優、戸田真琴ちゃん。新しい世界に踏み出したきっかけやDMMアワードへの思いをインタビュー。

メンズ

2017/04/18 10:30


 

 

■映画コラムやアイドル活動でも活躍

戸田真琴

映画が好きで、ニュースサイトで映画コラムも連載している真琴ちゃん。最近オススメの映画は、ゴールデングローブ賞作品賞も受賞した『ムーンライト』だという。

「内容もさながら、撮影が独特で、カメラワークが登場人物の心情をうまく表してる」と語る真琴ちゃんは、映画を見る際、アングルや編集がすごく気になるとのこと。今後、もしかしたらAVを撮影・演出する側に回る可能性もあるかも?

また、同じ事務所の女優たちと『原宿☆バンビーナ』というアイドルユニットを組んで活動しており、「歌もダンスもまだまだだけど、前回のライブで揃わなかったところが揃ったり、ファンの方がアドバイスしてくれたりするのが嬉しい。ファンと一緒に成長してるグループ」と語る。

アイドル活動も並行することで、女性ファンも増えたという。


関連記事:撮影前夜はギラギラ系AV女優・石原希望 撮影中に大切なモノを喪失してしまう

 

■DMMアワード新人女優賞にもノミネート

戸田真琴

4月23日に開催されるAV業界の祭典『DMMアワード』最優秀新人女優賞にもノミネートされている真琴ちゃん。

「同じ事務所の白石茉莉奈さん、天使もえさんが2年連続で受賞しているので、周りの期待もあって最初はプレッシャーでしたが…『ファンの方たちと共同作業でめざすもの』と思っているので、毎日応援コメントをいただいたり、とても幸せな期間でした。みんなの応援で勇気づけてもらったので、自信をもってステージに立ちたい」と語る。

さらなる飛躍と活躍を期待したい。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト