アナウンサーはタレントなのか?4割以上は「一緒だと思う」

女子アナなどテレビ局のアナウンサーは「タレント」と一緒?そう考えている人が意外に多いんです。

(©ぱくたそ)

正確にニュースを伝えたり、取材・リポートをしたり、番組で司会やアシスタントを務めたり…。アナウンサーの仕事は多岐にわたる。

しかし最近ではバラエティ番組にゲストとして登場するなど、「タレント」と差がない活動も多い。

今のアナウンサーはタレントと一緒だ! と思っている人はどれくらいいるのだろうか。


 

■アナウンサー=タレント?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,332名を対象に「アナウンサーはタレントと一緒だと思う」かどうか調査したところ、全体の45.7%が「そう思う」と回答。ほぼ半数の人が、アナウンサーはタレント化してしまったと思っているのだ。

性年代別で見てみると、最も低いのは男女ともに20代。

アナウンサーのタレント化が始まったのは1980年代頃という説もあり、20代であれば小さな頃から見ているアナウンサーはすでにタレントのような仕事もしていたことになる。そう考えるとこの結果も納得できそうだ。


 

■退職→女優やタレントに…

テレビ局を退職後はフリーアナウンサーになる人も多いが、古くは野際陽子、近年では山村美智や八木亜希子など、女子アナから女優に転身するケースもある。

さらには脊山麻理子や塩地美澄など、グラビアアイドルになる人も。

逆に、元モー娘。の紺野あさ美や元モデルの久慈暁子、来年日本テレビに入社予定の元乃木坂46の市來玲奈など、アイドルやタレントからアナウンサーとして就職する人も増えてきている。


「黒すぎる女子アナ」岡副麻希や元SKE48の柴田阿弥など、フリーアナウンサーも増えているが、テレビ局に所属している人はあくまでも「会社員」のはず。実際、この流れに苦言を呈している人は少なくない。

これからもタレント化が進むのか? 差別化されていくのか? アナウンサーは、どんな職業になっていくのだろうか。

・合わせて読みたい→元SKE48・柴田阿弥アナ 「自称サバサバ系女子が苦手」発言に共感の声

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

あなたにオススメ