西川貴教が彫刻のようなマッチョボディを披露 「マーベラスすぎる」の声

西川アニキこと西川貴教が『おしゃべりな筋肉』に収録されている筋肉ボディを披露

(画像はTwitterのスクリーンショット)

17日、アーティスト・西川貴教(46)が自身のSNSに筋肉隆々なボディ姿を投稿。5月12日に発売される書籍『おしゃべりな筋肉 心のワークアウト7メソッド』に収録されている写真だという。

ツイッターでは「アイコンも熱苦しいのに変えておきますね 見たくないかもですが」とやや弱気な気持ちを吐露した。



 

■彫刻のような筋肉美に「うつくしい」の声

デビュー当時はまるで女性のような華奢なボディで、体重も42キロほどだったという西川。しかし、ライブ後に失神することがたびたびあり、筋トレをはじめたとのこと。

それがいまでは彫刻のようなムキムキボディになり、ファンからも「西川アニキ」と呼ばれるほどに。今回の投稿でもファンからは称賛の声があがっている。

・アニキ立派すぎます! マーベラス!


・これは近々、家の近くに立つ銅像ですか?


・まるで彫刻のよう…ミケランジェロですか?


・バストアップもされてて興奮しました


関連記事:西川貴教、再婚発表に祝福と驚きが殺到 「年齢に衝撃」「結婚より驚いた」

 

■マッチョよりも痩せている男性のほうがやや好かれている?

一方で、古くからの西川ファンからは「昔の細い体が好きだった」という声も。細マッチョならともかく、ゴリゴリの筋肉隆々なボディには引いてしまう人もいるかもしれない。

しらべぇ編集部が全国20〜50代の女性200名に「男性の体つき」について調査したところ、「マッチョな男性」「痩せている男性」好きの割合は、やや「痩せている」支持が多いという結果に。

2、50代女性からはマッチョな男性のほうが好まれるようだが、30代に関しては7割以上が痩せている男性が好まれているようだ。

女性の評価を気にする男性は「細マッチョ」が無難といえるかも。オタク的要素もあり、それでいてアニキ的な気質もある西川の人気がさらに高まりそうだ。

・合わせて読みたい→TMレボリューションの服でタワレコに行き「僕に合うCDください」と言った結果

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】 
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年2月13日~2015年2月16日
対象:全国20代〜50代女性200名