おぎやはぎも驚愕の「ブスに気づいていないブス」が話題に

AbemaTV『おぎやはぎの「ブス」テレビ』で放送された「ブスに気づいていないブス」に驚愕の声。小木博明の妻も…

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

他人の容姿に対して厳しい人を見たことはないだろうか。しかし、思わず「あなたのほうこそ」と言いたくなるような人も…。

24日に放送の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)で披露された「勘違いブス」が話題を呼んでいる。


 

■「ブスに気づいていないブス」に驚愕

番組では「ブスに気づいていないブス」の行動を街頭インタビュー。「オシャレな店によく行きますアピール」などオシャレ感を全面的に出す女性や、集団の先頭を風を切るように引き連れて歩くなど自身に満ち溢れた女性があがった。

また見た目では、髪の毛をかき上げ、遠目にはタレント・中村アン(29)のような女性がブスだという意見も。

そして、女優やタレントの容姿を批判するブス女性には、街頭の男性から「どの目線で言ってるんだ」と厳しい指摘。そのほかには、かわいい子に乗りかかり話題に入ってこようとする「便乗系ブス」などがあがった。

MCのおぎやはぎ・矢作兼(45)は「リアルなこと言うよね、顔が出てないから」とやや苦笑気味に感想を漏らした。

また、「ブスに気づいていないブス」については、小木博明(45)は「ウチの奥さんがとくにそうだな」と発言し、「女に厳しい。ブスなのに厳しいって問題あるよね」と納得がいってない様子だった。


 

■女性の5割が「自分はブスだと思う」

番組では「ブスに気づいていない女性」を取りあげていたが、自分の容姿の美醜についてどれほどの割合の女性が自覚しているのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の女性702名に「自らの容姿」について調査したところ、全体のおよそ5割が「自分はブスだと思う」と回答。

半数近くの女性が自分の容姿に厳しいことが判明した。もっとも厳しいのは20代女性だった。芸能人やまわりの女性と比較する機会が多いのだろうか。


上記のような「ブスに気づいていないブス」の行動は、美人でもイラッとする行動ともいえる。容姿の美醜にかぎらず、これらの行動はひかえたほうがいいのかもしれない。

・合わせて読みたい→おぎやはぎも驚愕! 「ブスのコンビニあるある」が話題に

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年8月21日~2015年8月24日
対象:全国の女性702名(有効回答数)

あなたにオススメ