「消防車でうどん屋に立ち寄り」 市民からのクレームに疑問の声も

消防団が昼食のために消防車でうどん屋へ立ち寄ったことにクレームが…。

(MaboHH/iStock/Thinkstock)

愛知県一宮市の消防団の男性団員7人が、制服姿のまま消防ポンプ車で市内のうどん店へ向かい昼食をとっていたことが、中日新聞によって報じられた。

報道によれば、16日の午前9時半から市消防本部で消防操法大会の説明会があり、その帰りに一分団の7人がうどん店に立ち寄ったとのこと。

この様子を見た市民が同日夜に「消防車がうどん店にあった。おかしくないか」と写真もあわせて同本部にメール。このため19日に「消防車で飲食店に乗り付けるのは非常識」として分団長に口頭注意したとのこと。

また、分団長は同本部の聞き取りに対し、「次の予定があり、このタイミングで昼食をとるしかなかった。軽率だった」と話したという。


 

■ネット民からは困惑の声が

制服姿のままポンプ車でうどん屋に立ち寄ったということが、クレームにつながった本件。同本部は「消防車は消防活動以外に使わないと市内の消防団と申し合わせている」とのことだ。

しかし、市民のクレームによって行動の制限ができてしまったことについて、ネット民からは困惑の声が。

ちょっと休憩してるだけで「制服でご飯を食べてる」ってクレームを入れるのはどうかと


・消防団、消防署に理不尽クレームを入れる日本社会。緊急時でも昼食とってたならともかく、休憩くらいいいじゃん


・消防団もクレームに対して「おかしくありません」 と切り捨てていかないと…。調子に乗った人が出てきて困るのでは


・お昼ごはんですら制服を脱いで近所まで買い出しに行かないといけないのか…


市民の安全を守るために従事する消防団だからこそ、昼食をとっている「日常」を見せられるのがイヤという市民もいるのだろうか。この一件で活動に支障が出なければいいが…。

・合わせて読みたい→うざい客だな! 飲食店員が呆れた「理不尽なクレーム」3選

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

あなたにオススメ