若者の立ちション離れ トイレ以外で用を足す人が減少傾向に

外だけでなく、中には家の中でしてしまった人も…。立ち小便世代は50代以降の様子。

ライフ

2017/04/29 05:00

(paolofur/iStock/Thinkstock)

人が用を足す場所といえば、言うまでもなくトイレ。しかしトイレではないところでした経験がある人も、多くいるはずだ。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,332名に「トイレについて」の調査を実施。その結果、23.0%の人が「トイレでないところで用を足すことがある」と回答した。


画像をもっと見る

 

■立ちション世代は50代以上

男女別では、やはり男性のほうが多い。

トイレ以外で用を足す男女別グラフ

女性は立ちションができないのも理由にあるが、気持ちの面でもハードルが高いだろう。

また性年代別で見ると、男性でも20代から40代では20%台と比較的少ない。

トイレ以外で用を足す性年代別グラフ

しかし50代以上になると、一気に増えるのだ。立ち小便に対しての意識が、時代とともに変化をしたことがわかる。

「酔っ払っているときは、人通りのないところの壁に立ちションすることがある」(50代・男性)


立ち小便は軽犯罪法に触れるので、たとえ酔っ払っていてもNGだ。


関連記事:「プールの中でおしっこ」20代女性の3割も 「水着はトイレが面倒で…」

 

■お風呂やキッチンで…

「トイレ以外」とは、具体的にどのようなところを指すのだろうか。

「小さい頃から、お風呂でおしっこをする癖が抜けない」(40代・女性)


「記憶が飛ぶほど酔っ払って、キッチンでしたことがある。妻にめちゃくちゃ怒られた」(30代・男性)


またアウトドアが好きな人は、次のように語る。

「登山が好きだから、山の中で用を足すことはよくある。他人の敷地におしっこをかけるのはダメだけど、あまりに神経質な人はいざというときに大変だと思う」(40代・男性)


大半の人がトイレ以外で用を足さないのは、恵まれた環境があるからだといえる。

・合わせて読みたい→単純作業は長い? 仕事中の時間が経つのが早く感じる仕事とは

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名 (有効回答数)