今年の母の日「カーネーション」贈る?もらう側の本音も調査すると…

5月第2日曜は母の日。プレゼントの定番「カーネーション」贈る人の割合は? もらうお母さん側の欲しい率も調査

ライフ

2017/05/04 06:00

(kazoka30/iStock/Thinkstock)

お花見、新年度、大型連休と、何かと忙しい行事が続く春、ゴールデンウィークの後にやってくる年中行事が「母の日」である。

2017年は5月14日が「母の日」にあたるため、プレゼントなどは連休中に事前に準備しておきたいところ。

しかし、毎年のこととなると、マンネリになるのを避けたり、あえて定番で推したりと、いろんな考えが巡るだろう。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,336名を対象に、母の日の計画について調査を実施した。


画像をもっと見る

 

■母の日にカーネーションを贈る?

母の日の贈り物として定番な「カーネーション」を贈ると回答したのは全体の14.9%。男女差はほとんどなかった。

20代男性は年代別で唯一20%を超えたものの、一方で30代女性は10.4%。定番を避ける傾向にあるようだ。

また、プレゼントをもらう側のお母さん333名には、逆の質問をしてみた。

今年の母の日にカーネーションが欲しいと回答したのは15.0%。贈りたい割合とかなり一致している。


関連記事:父の日「プレゼント」今年は予算を下げる?母の日と比べると…

 

■花をもらったエピソード 一緒にもらったもので多いのは「手紙」

編集部がツイッターで母の日のプレゼントエピソードを探してみると、花と共に手紙をもらったツイートが目立つ。

また、手紙を渡した側からの報告や、母の日のプレゼントにまつわる、思わぬお母さんからのコメントも。

https://twitter.com/ri1014ag/status/728972275408474113

いつもお世話になっているお母さんへ、感謝の気持ちが一番伝わる方法を、ゴールデンウィーク中にしっかり考えたいもの。

また、プレゼントも「贈る」と「渡す」では大きく違うはず。連休中に帰省できそうな場合は、花や手紙とあわせて、1週前倒して家族揃ってお祝い企画を考えてみても良さそうだ。

・合わせて読みたい→「父の日・母の日」は教育現場で控えるべきか? 大多数の意見は…

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1,336名(有効回答数)