仕事や勉強の疲れもリセット!寝ているときが一番幸せな理由とは

疲れを取り集中力も回復する睡眠は、人々に幸せをもたらす最高の時間のようだ。

ライフ

2017/05/05 05:00

寝るときが一番幸せ
(©ぱくたそ)

人生の3分の1を占めると言われている、睡眠。寝ることはとても重要であり、人々にさまざまな効果をもたらす。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,336名に「幸せについて」の調査を実施。「寝るときが一番幸せだと思う」と答えたのは、全体で53.6%。

半数以上もの人が、睡眠に喜びを感じているのだ。


 

■会社員の最大の喜びは眠り

職業別で見ると、会社員では6割近くと多い割合になっている。

寝るときが一番幸せ職業別グラフ

会社でのストレスをリセットするには、しっかりと寝る時間も必要だ。

「仕事の疲れや悩み、すべて忘れて眠る。起きたらまた仕事が待っているけど、寝ているときだけは開放される。寝ることは、なによりも幸せだと思う」(30代・男性)


一方で無職・家事手伝いは、4割と会社員よりも少ない結果である。いつでも寝られる生活だと、睡眠にあまり喜びを感じられないのだろうか。

「眠りにつくまでの時間に、いろいろと考えてしまう。考えすぎて、眠れない日もあるし。ゆっくりと眠れること自体が、幸せなんだと思う」(20代・男性)


 

■睡眠は勉強や仕事の効率を上げる!

また、ガリ勉だった人たちは、寝るときが一番幸せだと思っている人が多い。

寝るときが一番幸せ傾向別グラフ

勉強には、睡眠が重要だという。

「睡眠時間を削ってまで勉強はしなかった。しっかりと寝て、すっきりとした頭で勉強をしたほうが、はかどるので」(20代・男性)


同じことは、仕事でもいえる。

「疲れた体と頭で仕事をしても、効率が悪いのは当然。夜にしっかりと寝るのはもちろんだけど、昼寝をして集中力を取り戻すのもおすすめ」(30代・男性)


不眠症で眠れない日々に苦しむ人が増える中、眠りにつけることはやはり幸せのひとつだといえそうだ。

・合わせて読みたい→大人も「むぎゅぅ」願望? 20代の4人に1人「ぬいぐるみと就寝」

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

あなたにオススメ