しらべぇ

行く気なし!「デートに誘った女子に言われたら」脈なしのサイン

しつこすぎる男性は、嫌われる可能性もあるので注意したい。

男女

(liza5450/iStock/Thinkstock)

意中の女性にデートを誘った時に「あなたは興味ないので、デートできません」とキッパリ言われたら、理解して諦められるものだ。

だが多くの女性は、やんわりとお断りしてくるため、なかなか拒否されているのに気づかず、何度も諦めずに誘ってしまうだろう。

そこでしらべぇ取材班は、女性たちに「デートを誘われた時に遠回しに伝えているお断りフレーズ」を聞いてみた。  

 

①デート場所にあーだこーだと理由をつけて拒否する

「ディズニーランドに誘われたら『待つの嫌いだからヤダ』と言ったり、食事に誘われたら『アレルギーがあるので外食ができない』と言ったり。

 

とりあえず興味のない男性から誘われたことは、あーだこーだと理由をつけて行けないと拒否ります。それでも必死に代案をたててくる執念深い人も…」(Aさん・26歳)

 

②「ずっと予定が埋まってて…」と、遊ぶヒマはないことを伝える

「興味のない人に誘われたら、『数週間先まで予定が埋まってて…』と残念そうに言いますね。あなたと遊ぶヒマはない…と遠回しに伝えているんですが、

 

気づかずに『お茶だけでもムリ?』など、なんとかしてでも会おうと、しつこい人もいてウンザリ。断っていると、気づいてほしいです」(Aさん・26歳)

 

③「予定がわかったら連絡するね!」と伝えて、もう連絡しない

「食事などに誘われたら断りにくいので、表面上はOKと言いますが、日程を聞かれたら『予定がわかったら連絡するね!』と伝えて、そのまま放置します。

 

でも中には、脈なしだというのも気づかずに『どう? 予定わかったかな?』と諦めずに連絡をしてくる人も。察してほしいですね…」(Kさん・28歳)

 

④誘われるたびに、理由をつけてすべて断る

「誘われた都度『忙しい』『具合が…』など、とにかく理由をつけて断りまくります。どんな理由であれ、三回誘って、三回とも断られたら脈なしでしょう。

 

女性は興味のある男性だったら、他の約束をドタキャンしてでも会いますし。遠回しのお断りに気づかずに、しつこく誘ってくる人ほど、なおさら逃げられますよ」(Sさん・29歳)

 

これらのお断りフレーズを言われたら、「都合があえばデートできるかも!」と期待せずに、きっぱりと諦めて次の女性を探したほうがいいかもしれない。

・あわせて読みたい→あなたは眼中にナシ! 男性が「好きじゃない女性」に送るLINE4選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu