優木まおみ200万バーキンを「出産した自分へのご褒美」に賛否

日テレ系『今夜くらべてみました』に出演した優木まおみのセレブ発言に、アンジャッシュ・渡部が痛烈ダメ出し

エンタメ

2017/05/11 18:00

深夜帯からゴールデンタイムに進出したバラエティ番組・日本テレビ系『今夜くらべみました』に出演した優木まおみ(37)に批判が殺到している。

(画像は優木まおみInstagramからのスクリーンショット)

10日の放送では『トリオTHE悩める女たち』と題し、芸能活動に悩みを持つ女性芸能人・優木、ゆりやんレトリィバァ(26)、葉加瀬マイ(30)が登場。

これは「この世で一番好きな仕事」と語るアンジャッシュ・渡部建(44)が女性芸能人らにダメ出しと愛のあるアドバイスを行う深夜帯時代からの人気コーナーだ。



 

■ママタレとして活躍を目指す優木

2013年にカリスマ美容師と結婚。2児の母となった優木の悩みは「好きなママタレントランキング上位に入り、ゆくゆくはニュース番組のキャスターになりたい」というもの。

子どもとの生活をSNSなどで公開しランキング入りを目指していたもののベスト10にも入れなかったそうだ。

悩みを聞いた渡部はママタレとしての好感度をあげるようアドバイス。芸能活動のブランク具合も含めVTRで優木の私生活を検証することに。


関連記事:優木まおみ、平日はワンオペ育児も… 「日曜日はママもお休み」

 

■セレブを前面に押し出したVTRに…

広いリビングに70インチのテレビ、フランスの食器コレクション、150万円の高級ベッドなど優木の撮影してきた自宅VTRから漂うセレブ感に、渡部は厳しくダメ出しを開始する。

好きなママタレランキング上位の木下優樹菜夫妻、北斗晶夫妻は「家事育児はきれいごとじゃない。全部見せて好感度をあげる」と渡部は分析。

セレブ生活はRIKAKO(51)や長谷川潤(30)など、ハイセンスの人じゃないと無理と断言し「(優木は)そこまでセンスあると思われていない。生活感も出てない。両方の好感度が取れていない中途半端」と厳しく批判。

番組MCのフットボールアワー・後藤輝基(42)も「足つるくらい背伸びしている」と評した。


■更なるセレブ自慢

続いて優木はクローゼットを紹介。「奮発したのは200万円の(エルメス)バーキン。長女を生んだご褒美に購入」と語る。

ここでも「『自分へのご褒美』は万能じゃない。主婦の好感度あげたいなら映しちゃダメ」だと渡部は指摘。

その後、100均で買ったカゴを整理に使うなど「切り詰めてお金を貯めて(バーキンを買う)」と主張する優木に渡部は「バーキンの後じゃダメ。切り詰めても買えない」と厳しくまとめた。


■母親、仕事への姿勢も…

次女が大泣きしているにもかかわらず、気にする様子もなく長女を紹介する姿に「よその子みたいに次女をほったらかしすぎ。母を見たい」と周囲は注意。

また今後の仕事について「自分が輝きたい。でも子どもとの時間がつくれなくなってまで、やりたいわけではない。平日の帯番組がいい」と上から目線に発言。

渡部は「(そんな姿勢では)絶対に(オファーは)こない」と断言。

VTR終了後「再スタートの1歩目なのに、一番見たくない部分が出ている。イチから。ひな壇の三段目からやり直すべき」と結論付けた。


■視聴者も厳しい反応

「どうしてもイイところを見せたくなる」優木に視聴者の反応も厳しい。しらべぇ取材班で感想を集めてみた。

https://twitter.com/__sI23/status/862286320521035776

https://twitter.com/Hentai_kty/status/862339383491350528

ただ、生活レベルが高いのは事実で、目くじらを立てる必要もないのでは、と考える視聴者もいる。

https://twitter.com/yuuna7171/status/862306702439333889

https://twitter.com/marom8181/status/862312802697977856

今回の出演により、ネット上で賛否が吹き荒れる結果となった優木。

好感度を高め、好きなママタレランキング上位に名を連ねるのは、険しい道のりになりそうだ。

・合わせて読みたい→木下優樹菜が「調子こきな女を不登校に」 体験談披露で大炎上

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ