しらべぇ

好きな人が悪いことをしてもかばう? 「批判も優しさ」との声も

好きな人が過ちを犯してもかばってしまうのは男性が多い結果に。「あえて厳しくするのが優しさ」と思っている人も。

男女

好きな人が悪いこと

(©ぱくたそ)

法に触れることから些細なことまで、愛する人が過ちを犯すことも考えられる。大切な人の失態は、なにがなんでもかばうものなのだろうか。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,336名に「人をかばう行為について」の調査を実施。「好きな人が悪いことをしてもかばう」と答えた人は、全体でわずか24.5%だった。

 

■相手を思ってかばわない女性

性年代別では、どの年代でも女性よりも男性のほうが多い結果である。

好きな人が悪いこと性年代別グラフ

男性のほうが、悪事に対しての許容が広いのだろうか。

「やったことにもよるだろうけど、逆境のときほど自分が支えなければと思う」(30代・男性)

 

一方でかばわないと答えた女性は、次のような意見だ。

「きちんと批判することも、優しさのひとつだと思う。なんでも許してしまい、悪いことを自覚しないまま終わるのは本人のためにもならない」(30代・女性)

 

また女性は年代が上がるほどに、割合が減っている。

「夫で想定するといい年なので、分別のついた行動をして欲しいと思った」(40代・女性)

 

■ダメな異性がさらにダメになる理由

ダメな異性が好きな人は、半数以上もの人は悪いことをしてもかばうと答えている。

好きな人が悪いこと傾向別グラフ

悪いことをするような相手を自分から選ぶような人たちなので、かばうのは当然だろう。

「浮気性や仕事が続かないなど、今まで付き合ってきた人はダメな人ばかり。友達に『甘やかすから調子に乗るんだよ』といつも言われる」(20代・女性)

 

「私と付き合っているときはダメだった人が、気の強いと女性と結婚をしてうまくやっているらしい。言うこと聞かないと怒られるから尽くしてたけど、尻に敷かれるくらいがその人には良かったのかも」(30代・女性)

 

厳しさと優しさをうまく使い分けたいものだが、難しいのが現実のようである。

・合わせて読みたい→なんで親は叱らないの?「赤の他人の子供」にされた不快事件

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集