いとうあさこの金銭感覚がスゴすぎる 「結婚してくれ!」と称賛

いとうあさこの金銭感覚が堅実と話題に。ATMの手数料にも気を配る姿勢には称賛も…

エンタメ

2017/05/15 16:00

(画像はTwitterのスクリーンショット)

身体を張った芸や独身ネタで人気のピン芸人・いとうあさこ(46)。バラエティ番組などでも垣間見える几帳面さから「お金が貯まっていそう」という印象をもたれることも多い。

14日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)で明かされた金銭事情が、話題を呼んでいる。



 

■いとうの堅実すぎる金銭感覚

番組ではいとうの1日に密着。カバンの中には8つのポーチが入っており、コード類やおしぼり袋、ピアスそれぞれ用途によって分類するなど、几帳面で繊細な一面も。

中でも顕著なのが財布の中身だ。36枚のポイントカードを使い分けるなど、店のポイントにも気を配る堅実さ。また、所持金は2万4000円と芸能人の印象からはほど遠い。

それには理由があり、「ATMの手数料がかからない時間に10万円をおろし、3週間ほどで使う」と言う。こういった庶民的でマメな金銭事情から、お金がただ貯まっていく一方とのこと。


関連記事:セカオワSaoriがパスポートの名義変更 手数料への疑問ツイートに共感集まる

 

■ネット民からは「尊敬できる」の声

一連の流れを観ていたネット民からはいとうを称賛する声が。とくに、ATMの手数料に関しては「見習いたい」という声も。

・100円程度だからっていつも気にせずお金をおろしてたわ…。お金もたくさんあるだろうにそういうとこ気にするのはほんと尊敬できる


・お金もってるとか関係なく、元々の性格が堅実なんだろう


・「ふつうじゃね?」と思ったが、意外と手数料気にしてない人が多いのか


・なぜこんなマメな人が独身なのか…俺と結婚してくれ!


■5割が「手数料を払ってお金をおろす人」に懐疑的

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,387名に「ATMの手数料」について調査したところ、およそ半数が「手数料を払ってATMでお金をおろす人はバカだと思う」と回答。

およそ2人に1人が手数料を払ってまでお金をおろす人に否定的な一方、20代男性は3割ほどと割合が低いことが明らかに。


いとうの庶民的な金銭感覚や几帳面な一面が、テレビ番組を通じて視聴者に伝わっているのだろう。好感度の高さはこういったところにあらわれているのかもしれない。

・合わせて読みたい→やはり圧勝! 「幸せになってほしい」独身女性芸能人ランキング

(文/しらべぇ編集部・らむたそ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の男女1,387名(有効回答数)