しらべぇ

自宅で出産「赤子の遺体抱えた16歳女子高生」が出頭 「親と男」に怒りの声

「逮捕されるのは女性だけ」同居していた親は娘の変化に何故気付けなかった?悲しいニュースに疑問と怒りが渦巻く

社会

女子高生

(DAJ/iStock/Thinkstock)

「望まない妊娠」が引き起こした、あまりにも痛ましい事件が報じられた。

途方に暮れた様子で自ら出頭したのは、まだわずか16歳の女子高校生。少女と小さな命を守ることはできなかったのか…疑問と悲しみ、そして怒りが渦巻いている。

 

■赤ちゃんの遺体を鞄に入れた女子高生が出頭

17日夜、手提げバックに女の赤ちゃんの遺体を入れた16歳の女子高校生が、警察署に出頭した。彼女は1人、途方に暮れた様子だったという。

女子高生は今月10日頃、自宅で出産し、その後自宅に赤ちゃんの遺体を遺棄したとして、「死体遺棄」の疑いで逮捕された。警察の取り調べに対し、容疑を認めており、実家で両親と同居していたのだそう。

警察は18日、司法解剖をして赤ちゃんが死亡した経緯について調べる方針だ。

 

■「親と男」に対する怒りの声相次ぐ

「途方に暮れた様子で1人出頭」との報道に、ネットでは「同居してた親は気付けなかったのか?」や、報道では一切触れられても居ない、彼女を妊娠させた「相手男性」に対する怒りの声が相次いでいる。

・男にも罪を課すべき。女子高生だけが悪いわけではない。女子高生の気持ちや身体は、既に傷ついているはず

 

・男の方が無責任だと思う!男だって罰するべき!!

 

・父親に当たるやつが一緒にいないのが悲しい、やる事やって苦しむのは女性ばかり

 

・逮捕されるのは女の子だけ…男も殺人者だよね

 

・妊娠させた男と、高校生の両親にも問題ある

 

・この子の周りの人間は、この子に対して無関心なの?一人で出産し、亡くなった赤ちゃんをカバンに入れて一人で出頭って…相手の男、保護者に怒りを感じます。誰かが気がついていれば赤ちゃんの命は守れたんじゃないのかな

 

・気づいてあげてよ…親なんだから…

 

報道で一切触れられていない、亡くなった赤ちゃんの「父親」の無責任さ。そして、自分の娘の身体の変化や異変に、同居していた親は何故気付けなかったのか、どうして救いの手を差し伸べてやれなかったのか。

 

 

■1人出頭した女子高生に慰めの声

誰にも相談できず、1人葛藤し自宅で出産。我が子の遺体を抱えて1人警察に出頭した女子高生。彼女に対する慰めの声も多く見られる。

・怖かっただろう。痛かっただろう。なんとも悲しい話だ…

 

・頑張ったなぁ。1人でなんて、辛すぎるよ。相手をボコボコにしてやりたい。お前はいいよな、いい思いだけしてさ

 

・16歳の女の子も可哀想だ… 警察よ 優しく接しろよ

 

・辛いね。誰にも相談できなかったんだね…16歳で一人で出産だなんて。出血もあっただろうし。どういう過程で赤ちゃんが亡くなってしまったのか…。この高校生も赤ちゃんも救われる方法がなかったのかな

 

・途方に暮れて警察を訪れたこの子を責めるのは、人間としてあまりに優しさや情けがない

 

■サポートが欠けている現状も

赤ちゃんがどういった経緯で亡くなってしまったのか、まだ解明されていない。

しかし、まだたった16歳の少女が、自宅で出産し、激痛と苦悩の中で絞り出した答えが「警察へ出頭する」ことだったという現実が、いたたまれない。

・合わせて読みたい⇒汲み取り式トイレに乳児遺体 「棄てられた命」に救済手段が模索される

(文/しらべぇ編集部・もやこ )

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集