しらべぇ

パートナーや友人と円満になるためのコツ 「他人だと思うこと」に納得の声

尊敬できる他人と思うことで対人関係は解決?ツイッターでとある漫画が話題に

人間関係

仮氏

(©ぱくたそ)

なるべくなら人とは仲良く過ごしたいもので、ましてや夫婦などの近い関係であればなおさらだ。人と仲良くする秘訣について、今、とある投稿が話題を呼んでいる。

 

■円満のコツは「他人だということを忘れない」

投稿したのはツイッターユーザーのさわぐち けいすけさん(@tricolorebicol1)。結婚してから4年、付き合ってから7年、一度も妻とケンカしたこともないという投稿主だが、友人から「夫婦円満の秘訣は?」と聞かれ、数ある秘訣の中から1つを例にあげた。

それは、「妻を他人だということを絶対に忘れないこと」だという。他人行儀になれということではなく、長く関わる他人だからこそ礼節を重んじて丁寧に接することが大切とのこと。

夫婦だけに限らず、恋人や友人にもあてはまるとし、「妻なんだから料理をしろ」「夫なんだから全部支払ってよ」「友達からはこれくらいしてくれてもいいでしょ?」とそれぞれの立場で権利を押し付け合う考えは危険だという。

 

■「目からウロコ」とネット民

この投稿に対して、ネット民からは共感の様子。「自分も心がけてる」という同意の声や、「目からウロコ」と驚きの声も。

・良い意味でお互いに期待してないからその距離感が保てるんだよね。期待しすぎると何かあったときのショックが大きい

 

・家族、友人、同僚なんでも当てはまるやつ。「親しき仲にも礼儀あり」とはまさにこのこと

 

・尊敬してるから他人でいられる。相手をちゃんと独立したひとりの人間だと思ってるから他人になれる

 

・親友とかもわりとこのパターン多いかも

 

■やや否定的な意見も

一方、やや懐疑的な意見も見られた。

・この考えは大切だと思うけど、もし子供ができたらそうはいかないのでは…?

 

・もし甘えたくなったらどうするの? 「甘えてすみません…」とでも言うのかしら

 

・他人と考えるくらいなら自分は結婚しないな

 

■長続きする交際相手の特徴は「一緒にいてラク」

しらべぇ既報によれば、「交際相手で長続きする人に共通する特徴」として「一緒にいてラク」が4割にもおよぶ結果となっていた。また、「気が合う」や「相手との距離感」などという声も。

長く関わる相手だからこそ、負荷のない関係が好ましいのだろうか。

 

尊敬しているからこそひとりの他人として認識する。もし友人やパートナーとうまくいっていないという人は、一度自分の考え方を改めてみるのもいいかもしれない。

・合わせて読みたい→問い詰める? 見ないふり? もし恋人や配偶者の浮気現場に遭遇したら

(文/しらべぇ編集部・らむたそ

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集