しらべぇ

自分の家なのに空き巣みたいに?鍵を失くすと出費のダメージも

家の鍵を失くすと防犯のため、鍵を交換することに。適正価格内でも、臨時出費には痛い金額

ライフ

(Manuel Faba Ortega/iStock/Thinkstock)

家財を守り、防犯や安全のためにも大事な戸締り。昨今は従来のシリンダーキーに加え、カードキーや暗証番号・生体認証など、さまざまな形で鍵の開閉ができる。

暗証番号や生体認証であれば鍵を持ち歩く必要がないが、基本的に外出の際は施錠をして、鍵を持ち歩くのが一般的だ。

しかし、持ち歩くことでどうしても「紛失」のリスクが生じてしまう。先日の調査では、「財布を失くしたことがある人」は全体の34.5%だったが、「鍵」の場合はどうだろうか?

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,336名を対象に「家の鍵を失くしたことがある」人の割合を調査した。

 

■平均年収を超えると

全体では24.9%でほぼ4人に1人が「家の鍵を失くしたことがある」と回答。

性別・年代別で見ると

50代までは男性が女性を上回り、30代男性は32.3%と3人に1人は「しまった!」という経験をしているようだ。

一方、女性は60代のみ男性より高く27.1%となっているが、「財布の紛失」データでも言及したように、カバンを持ち歩かずポケットにしまう習慣の人も多い男性に比べ、貴重品はカバンに入れる傾向のある女性の方が、比較的落し物はしないもよう。

ちなみに「財布」では、年収1,000万円以上の人が半数を超える“失くしっぷり”を見せていたが

年収500万円未満は20%台だが、500万円以上は3割超え。財布ほど酷くはないが…。

ちなみに国税庁が発表した「平成27年分民間給与実態統計調査結果」によると、日本人の平均給与所得は約420万円。

平均年収を越えると、もしかして人は気が緩みがちになるのか!?

 

■自分ちに空き巣のように

実際に「家の鍵を失くした」経験者に、話を聞いた。

「旅先で自宅の鍵を失くしました。ただ海外だったので、悪用される心配はあまりなかったのですが…スペアキーを現地で使う必要がないですから、スーツケースに入れていて、それをそのまま空港から宅配便に預けてしまったんですよ。手荷物だけで自宅に到着したけど、鍵が届くのは翌日!(苦笑)

 

当時は1階に住んでいて、よく鍵をかけ忘れるバルコニー側の窓があったので、ダメ元でバルコニー乗り越えてみたら、鍵…開いてました。いや、ダメなんですけど、“助かった!”と思いましたね。見咎められたりはしませんでしたが、自分ちとはいえ空き巣のような入り方するのは、かなりドキドキでした」(30代・男性)

 

「すごい雪の日に、終電でようやく家にたどり着いたら鍵がなくて…管理会社に電話したけど誰も出ないし、近所に友達もいない。24時間営業のマックはあるけど、朝までならともかく、さすがに管理会社の営業時間まで粘る気にはなれませんでした。

 

とりあえずスマホで検索し、鍵の業者さんに来てもらうことにして、寒いからマックで待合せ。鍵ごと交換したのを事後報告で管理会社に連絡したら、結構揉めて…連絡がつかなかったってことで、半額は負担してもらいましたけど、あの出費は痛かったなあ」(20代・男性)

 

紛失した鍵を万が一悪用されると危険なため、防犯のため鍵を交換することになる。一般的なものの場合は3万円程度までは適正価格と言われているが、いずれにせよ臨時出費になるだけに、ダメージは大きい。

財布同様、家の鍵も失くさないように注意するしかなさそうだ。

・合わせて読みたい→もしやダメージないの!?高年収が財布を失くした経験多すぎ

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1336名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集