中2の頃からマスカッツに憧れ 新人セクシー女優・生田みくの魅力に迫る

ソフトオンデマンド『青春時代』から6月にデビューするセクシー女優の生田みくちゃん。身長144cmのミニボディからあふれる情熱とは

メンズ

2017/05/23 16:00


 

 

■女優イベントにも参加していた「AVファン」

生田みく

中2からセクシー女優に憧れていたため、女優に会えるイベントのためにわざわざ上京した経験も。

「セクシー女優さんのイベントに来る女性は1、2人でしたけど、好きだったし、そういうのが気にならないタイプなので」


と笑う。


関連記事:セクシー女優への憧れは「オタクレベル」 18歳の女子大生、平沢すずがデビュー

 

■AVの仕事は「撮影がいちばん楽しい」

生田みく

中学生からの夢を叶え、大手メーカーの専属女優という華々しいデビューを飾ったみくちゃんだが、AVの仕事では「撮影がいちばん楽しい」と語る。

生田:自分が脱いで感じている状況を、たくさんの人に囲まれて撮ってもらってるのが楽しいです。それでも1本目は、やっぱり緊張したし、いざとなったらやっぱり「恥ずかしいな」というのはあったけど、それ以上にわくわく感のほうが大きかった。


撮影現場にはスタッフさんが多くて、私の作品をつくるためにいろんな人が関わってるんだな、と思いました。


「見られることが興奮ポイント」と語るみくちゃんは、大勢のスタッフがいてもカメラが回ると「スイッチが入る感じ」で周りが気にならなくなるという。

SODの名物企画『マジックミラー号』がぴったりかも?

次ページ
■『マスカッツ』には憧れるけど…