イタリア人が認めなかった高知県の謎グルメ『ミラノ風おこげ』とは

イタリア人が認めなかった赤岡の『ミラノ風おこげ』とは? 意外な美味しさに記者もビックリ

グルメ

2017/05/30 07:00

 

■揚げたおにぎりとトマトソースで…

大葉の上にトマトソースを敷き、さらに揚げたおにぎりをのせ、スライスチーズとカットトマトを置く。

なんとこのお店で提供されるミラノ風の料理とは『ミラノ風おこげ』だった! なんだか物凄いインパクトを放つ料理である。


関連記事:カツオのたたき食べ放題『日航高知旭ロイヤル』朝食バイキングがスゴい

 

■いざ実食!

さっそくミラノ風おこげをいただいてみると…

う、ウマい! 謎すぎる見た目だがトマトソースにはオレガノやバジルで香りを付けてあり、炒め玉ねぎの甘さも加わって非常に濃厚な味。

それがカリカリのおこげととろけるチーズ、旨味のある高知県産のトマトに加わって、絶妙なバランスを醸し出している。

以前テレビでイタリア人シェフに「これはミラノには無い(きっぱり)」と言われてしまったそうだが、とさを商店の『ミラノ風おこげ』は本格派でなくてもとても美味しい料理ということが発覚した。

次ページ
■さらなる「名物」があった