「カツオの藁焼き」がウマすぎるので高知の特産品を藁焼きにしまくってみた

高知県名物『カツオの藁焼き』は超美味しい。あまりに美味しすぎるのでなんでも藁焼きにしたらウマくなるのではないか…?

グルメ

2017/06/02 11:30

藁(わら)を使い高火力で皮をパリッと焼き上げる高知県名物『カツオの藁焼き』は、高知旅行へ行ったら必ず食べておきたい絶品料理。

他の地域でも一部でカツオの藁焼きを提供する店はあるが、室内で調理しづらいからか、あまり数は多くない。


画像をもっと見る

 

■藁焼きの準備を開始!

この「藁焼き」という調理法をカツオ以外に使ったらどうなるのだろうか? カツオがコレだけウマくなるのだから、他の高知産食材も超ウマくなるのではないか?

…ということで、東京から焚き火セットを高知県へ持ち込み、藁焼きにする材料も現地でいくつか購入。ホームセンターで藁も買い、準備はバッチリだ!


関連記事:【第1回】本場高知県でいちばんウマい「カツオのたたき」はどれだ選手権

 

■さまざまな食材を藁焼きに

まず藁焼きにするのは、ナス、フルーツトマト、ピーマン、ししとうといった高知県で多く収穫される野菜。

下に薪を置き火を点け、上に藁をかぶせて藁焼きにする。

次ページ
■気になるお味は…