藤田ニコル、いじめ自殺した中3女子の加害者を心配 「ふざけるな!」と非難殺到

藤田ニコルが『サンデー・ジャポン』に出演し、いじめ問題を語る。加害者の今後を心配するが…

(画像はInstagramのスクリーンショット)

今なお消えることのない「いじめ問題」だが、被害者だけでなく、ネットで晒される加害者についてもさまざまな議論を呼んでいる。

4日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)でタレント・藤田ニコル(19)が加害者について独自の意見を述べた。



 

■自殺した女子生徒の遺族に教育委員会が謝罪

番組では、茨城県取手市で発生したいじめ問題についてとりあげた。当時、被害者である中学3年生だった女子生徒が2015年11月に自殺するという痛ましいもの。

「死ね」「うざい」などの言葉の他、「(被害女子生徒は)臭いから嗅いでみな」と皆の前で罵られるなどのいじめにあっていたという。女子生徒は亡くなる3週間前に「苦しい。悲しい。さびしい」という手記を残していた。

これまで、同市教育委員会はいじめの存在を否定し、重大自体にはあたらないと主張していたが、先月30日にかつての判断を撤回。教育委員長らが女子生徒の両親に直接謝罪した。


関連記事:父親が娘をいじめた12歳少女を通報 保護者の学校・警察への介入に悩む声も

 

■スタジオでも大激論

ニコルは現在はいじめ加害者たちについて「いじめた側の子たちが一生罪悪感を背負っていかなきゃいけなくなっちゃう」と、今後を心配。

さらに現在では高校に通っているだろう現状に「ネットで犯人探しとかあるんじゃないかなってすごい心配です」と漏らした。

テリー伊藤も「いじめた側の親御さんが、子どもたちをどう守っていくかが大切」とコメント。罪を償うこととは別に、加害者たちが生きるために、権利が守られることが重要と説いた。

この意見に対して、西川史子(46)は「いじめた側っていうのは、一生贖罪として残していかなきゃいけない」と強く反論。加害者側のプライバシーや罪の意識の問題について激しい議論に。

また、アンミカはこれまでの教育委員会の態度を批判。いじめを認めなかったことで「加害者の子たちの更生の機会も奪っている」と主張した。

次ページ
■ニコルに対し否定的な意見