麒麟・田村のバスケ愛がスゴすぎる ジャンプボールだけの仕事も

バスケ好きとして知られる麒麟・田村裕。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で驚きのバスケ仕事事情を明かした。

田村裕
(画像はTwitterのスクリーンショット)

『ホームレス中学生』の大ヒットで知られるお笑いコンビ・麒麟の田村裕。最近ではあまりテレビで見なくなった印象だが、趣味のバスケは順調で、週に8回するほど夢中になっているらしい。

そんな彼が8日に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演し、最近の「バスケ仕事事情」を明かした。


 

■「ティップオフ」のために新幹線で

この日、番組では「相方どうかしてるぜ芸人」と題し、ブラマヨやNON STYLEなど人気コンビが登場した。

そんな中、バスケが好きすぎることを相方の川島明にイジられた田村。川島によると田村は最近、バスケの仕事が増えてきているのだが、その内容が少し変わっているよう。

それは「ジャンプボール(ティップオフ)のボールを上げる」というもので、そのためにわざわざ新幹線で東海地方など各地に遠征しているのだとか。

また川島によると、バスケは関係ない芸人としての仕事の現場にもボールを持ち込み、スマホで試合を見ながら、楽屋でドリブルを始めることもあるらしい。

次ページ
■バスケファンからは感謝の声

あなたにオススメ