マツコ大激怒! フリーアナウンサー神田愛花「ジャーナリズムを舐めてる」

フジテレビ系『アウト☓デラックス』に出演した神田愛花の発言が、ジャーナリズムではなくクレームでは、と話題に

エンタメ

2017/06/09 16:30

(画像は「アウト×デラックス」公式サイトのスクリーンショット)

8日放送、フジテレビ系『アウト×デラックス』にフリーアナウンサー・神田愛花が出演。

『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)に出演する、ニュースキャスター・安藤優子を目指していると発言した。


 

■ジャーナリズム? それともクレーム?

神田は、安藤優子を目指すために努力していることを、例を交えてこう話す。

①「常にジャーナリズムを意識して生活している」

クリーニング屋で、はじめは落とせると言っていたシミが残っていた。落とすにはシミ抜きが必要で、プラス料金が発生する上に、期間も延びてしまう。

店員によって話が違うことに対し、「意識統一はされていますか?」と質問した。


②「不公平なことを論破する、徹底検証する」

隣の部屋のベランダには落ち葉がなく綺麗だが、自分の部屋には落ちている。落ち葉を外に捨てて検証すると、(自分のベランダに)風が集まって来ていることがわかった。

だから、家賃も差をつけるべきだと思う。


これに対しマツコは「ジャーナリズムの話をしにきたのだから、それなりの対応をする」と、怒りを露わにしながら反論。

・クリーニング屋の店長に裏を取れているのか? テレビでこのことを言ってもいいか、許可を取ったか?


・隣の部屋に住む人は、毎朝ベランダを綺麗にしている可能性がある。取材・確認はしたのか?


これではただのクレーマーであり、「ジャーナリズムを舐めている」と批判したのだ。


関連記事:クリープハイプ・尾崎世界観のクレーマーぶりが話題 「わかる」の声も

 

■神田の発言にネットの反応は?

この放送に対し、ネットでは「自己中心的」「ただのクレーマー」との声が相次いでいる。

https://twitter.com/CodySeipson/status/872821000898920448


■「お客様は神様」と豪語する人は約6%

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「店員への態度」について調査したところ、「お客様は神様だから偉そうにしてもいい」と回答したのはわずか6.3%。

「お客様は神様です」は、もともと、三波春夫が使ったフレーズ。

「(客席にいる)お客様を神様のようにとらえる」意味であり、「(商店などにきた)お客様を崇拝しろ」という意味ではない。


神田自身、クレームを言っている気はないのかもしれないが、クレーマーまがいの発言だったことは反省すべきだろう。

・合わせて読みたい→「お客様は神様」偉そうにしていいと思う人6%→真意は別の意味

(文/しらべぇ編集部・嘉手川 裕太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「
Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日

対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)