しらべぇ

坂上忍も思わず夫に同情 妻たちのリアルな本音が「残酷すぎる」

『好きか嫌いか言う時間』で夫源病の3大行動を紹介。「家庭内管理職夫」や「昼食うつ」まで…

男女

(画像はYoutubeのスクリーンショット)

夫婦といえど、パートナーに悩みを抱える人は多い。12日に放送された『好きか嫌いか言う時間』(TBS系)で明かされた、主婦たちの悩みが話題に。

 

■日頃のストレスで「夫源病」に

番組では、夫の言動が原因で頭痛や動悸を引き起こす病である「夫源病」を紹介。長い夫婦生活を送ることでかかるといわれ、借金や不倫といった大きな問題ではなく、日頃の小さなイライラが積もって引き起こされるという。

夫のイライラ行動について番組では街頭インタビュー。結婚生活5年の主婦からは、「料理をやってくれるのは嬉しいが、材料をすべて使う」との悩みが。

また、11年目の主婦からは、「ドヤ顔で育児に参加する」という悩みが。そして結婚生活20年以上の主婦からは「加齢臭」「オシッコの音」といった細かい悩みまであげられた。

 

■原因となる3大行動とは

また、番組では夫源病になってしまう夫の3大行動を発表。

ひとつ目は、妻と一緒になって行動したがる「ワシも族」。夫としては「一緒にいてあげたい」という気持ちだが、妻としては「ひとりで行動したい」という意識のズレがストレスにつながるという。

ふたつ目は「家庭内管理職」の夫。夫としては、妻の家事に手を出さずに助言だけすることで妻を尊重している気持ちだが、妻としては「自分のペースでこなしたい」という意識のズレがストレスにつながるのだとか。

みっつ目は「昼食うつ」。夫としては、妻の食事を食べることが妻孝行だと感じているようだが、妻としては「昼も手料理はきつい」という気持ちがストレスにつながるとのこと。

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集