労働は「喫煙と同じ害悪」だから止めるべき? イタリア人の働き方に衝撃

「平日の昼間にランチやコーヒー」イタリア人の日本人とはかけ離れた労働に対する考え方がうらやましすぎる

2017/06/14 11:00

イタリア人
(Thinkstock/iStock/g-stockstudio)

ブラック企業、社畜、過労死……昨今の日本社会では、労働に対してネガティブな言葉ばかりが目立っている。そんな中、あるイタリア人の発言が日本人に衝撃を与えている。


 

■「労働は喫煙と同じ悪い習慣」

話題になったのは、Ikue HIRATA(@ikeuehirata)さんのツイート。日本人とイタリア人の労働に対する考え方の差がよくわかる内容だ。

「労働は悪い習慣」と言い放つイタリア人の潔さに、一種の尊敬すら覚えてしまう。


関連記事:厚生労働省、被災時の食中毒に注意喚起 時には「捨てる」対応も…

 

■賛同する人多数

これに対して、ネットでは賛同する声が多く見られた。

「労働は拷問」とは、日本人にとっては目の覚めるような考え方だろう。また、「たしかに喫煙に似ている」などと、同意を示す意見も。

「中毒性がある」「やり過ぎは周りにも被害を及ぼす」というところも含めて、たしかに喫煙に似た側面もあるのかもしれない。


■日本人は働きすぎ?

ちなみに、しらべぇ編集部の調査では「社畜から脱出をしたい」と答えた社畜の割合は60%以上にものぼっている。

社畜脱出グラフ

生きるために必要な労働も、それによって最悪の事態になってしまっては元も子もない。

このイタリア人のような働き方はできなくとも、辛いときは休みを取れるような社会になれば、もう少し労働に対してポジティブになれるのではないだろうか。

・合わせて読みたい→ブラック企業でなくても…「自分は働きすぎ」と感じる人の割合

(文/しらべぇ編集部・菜箸ヨーコ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の自分を社畜と思っている有職者の男女89名 (有効回答数)

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

喫煙ブラック企業社畜労働イタリア人調査
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング