ケツメイシ新曲ジャケットがファンキーすぎる 因縁の「あの男」が登場

ケツメイシNEWシングル『はじまりの予感』。そのジャケット写真がファンキーモンキーベイビーズのパロディと話題に

(ケツメイシ『はじまりの予感』ジャケット)

男性4人組ユニット・ケツメイシが7月19日に34枚目となるシングル『はじまりの予感』をリリース。そのCDリリースに先駆けて6月21日より先行配信がスタートし、20日にジャケットビジュアルが公開された。

しかし、そのジャケット写真が「ファンキーすぎる」と話題を呼んでいる。



 

■柴田の「どアップ」がインパクト大

同作のジャケット写真には、ケツメイシのメンバーと親交の深いというお笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣(41)を起用。

柴田の正面のどアップ顔写真がジャケットになっている。公式の紹介では「正面どアップの顔写真は、いろんな意味でインパクトのあるジャケットに!!」とあるが、たしかに衝撃を感じざるをえないだろう。


関連記事:アンタ柴田、渡部・ファンキー加藤の話題に苦笑 自身の女性問題振り返り…

 

■ファンモンのパロディ?

このジャケット写真を見て、想像するのは「ファンキー・モンキー・ベイビーズ」だろう。同グループといえば、CDのジャケット写真に著名人を起用したものが恒例となっていたからだ。

そして柴田といえば、元妻が現在は解散した同グループのファンキー加藤(38)と不倫状態であったことが昨年6月に報じられ、ふたりの間に子どもが生まれていたことも明らかとなった。

ある意味では、ケツメイシよりも親交が深いだけにいろいろと勘ぐってしまうところも。

次ページ
■ファンからは称賛の声