お得だけど種類多すぎ!「ポイントカード」にアプリ化望む声

財布にポイントカードが何枚あるか調査を実施。お得だけど”かさばる”カード、「10枚以上」持ち歩く人は…

ライフ

2017/06/22 12:00

(BernardaSv/iStock/Thinkstock)

しらべぇでは、ポイントカードの利用率について調査を実施。全体の8割が利用しているとの結果になった。一方で2割はあまり利用しておらず、財布の中でカードが増えてしまうのがイヤだとの意見も。

では、持ち歩く財布に何枚くらいポイントカードを入れているのだろうか。編集部では、全国20~60代の男女1,357名を対象に、調査を実施した。


 

■ポイントカード所持数多いのは「3枚」「5枚」

財布に入っているポイントカードの枚数を尋ねたところ、最も多い回答は「3枚」(264名)だった。

次いで「5枚」(232名)と、厳選されたカードが収まっている印象だ。

また、「10枚以上」(169名)と回答した人も多く、財布をなかなか薄くできない声もあるようだ。

一方、「0枚」(143名)も全体の1割を超え、20代男性でとくに多かった。スマホや電子マネーの普及で、キャッシュレス時代が近づいていることも影響しているだろう。


 

■ポイントカードへの不満は多い

割引や特典はとても嬉しいが、Twitterでポイントカードへの不満を調査すると、「カードがかさばる」のほかにも「数が多いと、財布の中で探すのに苦労する」とのつぶやきが少なくない。

最近はこういった問題を解消するため、複数の企業が提携して、横断でポイントを自由に交換できるシステムを持ったカードも多い。

また、ポイントカードがスマホアプリ化されるケースが増えているものの、「全部アプリで管理したい」と希望するコメントもあった。

ポイントのさらなる統一化か、それともスマホを使ったカードレス化か。使いやすく貯めやすい、便利なポイントサービスの登場が待たれているようだ。

・合わせて読みたい→お得な「ポイントカード」利用率を調査! 持ちたくない理由に納得

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1,357名(有効回答数)

あなたにオススメ